(注目銘柄)サンコーテクノの第3四半期は増収効果に加え、利益率が改善し、前年同期比で20%以上の増益となる

◆土木関連を中心に、完成工事高が増加

 あと施工アンカーのサンコーテクノ<3435>(東2)は8日、今期第3四半期の連結業績を発表した。第3四半期は増収効果に加え、利益率が改善したことで、前年同期比で20%以上の増益となった。株価は安値圏で推移していることから、注目銘柄といえる。

 同社グループが関連する建設市場は、建設技能労働者の慢性的な不足が解消されていないことに加え、工事材料費・労務費が上昇している。

 そのような状況の中で、同社の主力事業であるファスニング事業では、各種設備工事等の需要は、民間工事は増加したものの、公共工事は前年を下回る水準で推移 しており、主力製品である金属系あと施工アンカーの販売は微増に留まった。また、耐震工事等の減少により低迷していた接着系あと施工アンカーの販売が底打ちしたほか、土木関連を中心に、完成工事高が増加したことなどから、総じて堅調に推移した。その結果、ファスニング事業の売上高は98億79百万円(前年同期比8.3%増)、セグメント利益は13億08百万円(同13.8%増)となった。

 機能材事業につては、電動油圧工具関連の販売が、国内を中心に好調に推移した。一方、電子基板関連が前年並みで推移したほか、アルコール検知器の販売が減少した。FRPシート関連は、二重床や防水樹脂の材料販売を終了したことにより減少した。 この結果、売上高は22億74百万円(同11.0%減)、セグメント利益2億04百万円(同33.1%減)と減収大幅減益。

 しかし、全体では、機能材事業の不振をファスニング事業がカバーしたことで、19年3月期第3四半期連結業績は、売上高121億54百万円(同4.1%増)、営業利益9億07百万円(同21.4%増)、経常利益9億15百万円(同21.0%増)、純利益6億31百万円(同26.0%増)となった。

◆営業利益率は1.07ポイント改善

 営業利益率をみると、7.46%となり、前年同期の6.39%と1.07ポイント改善している。

 第3四半期が順調に推移したことで、通期業績予想は据え置いている。

 ちなみに、19年3月期通期連結業績予想は、売上高168億円(同2.9%増)、営業利益12億円(同3.5%増)、経常利益12億10百万円(同4.1%増)、純利益8億35百万円(同4.8%増)を見込む。

 進捗率は、売上高72.3%(前年同期71.5%)、営業利益75.6%(同64.5%)、経常利益75.6%(同65.1%)、純利益75.6%(同62.9%)となっていることから通期業績予想の上振れが期待される。

 株価は、最安値圏で推移していることから、見直しが予想される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く 協立情報通信の長谷川浩社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る