ストリームは今期の大幅黒字見通しが注目されストップ高

■ネットショッピングサイトの機能拡充効果など出始める

ストリーム<3071>(東2)は3月15日、急伸し、9時20分にストップ高の120円(30円高、33%高)に達したあとも大幅高を続けている。14日の取引終了後に発表した2019年1月期の連結業績は各利益とも2ケタ減益だったが、今期・20年1月期の予想を売上高は253.2億円(前期比11.9%の増加)、営業利益は2.05億円(前期は0.17億円)とするなど、各利益とも大幅増益の見込みとした。注目が集中している。

■ラオックスの免税店向けビューティー&ヘルスケア商品も強化

 19年1月期は、自社オリジナルのネットショッピングサイト「ECカレント」に加えて、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazonマーケットプレイス」などの外部サイトでの展開などを強化した。「Amazonマーケットプレイス」内の『ECカレント』では、2018年9月に「スポンサープロダクト広告運用代行/セラーコンサルティングサービス」を導入し、化粧品の商品ページ改善と広告運用の相乗効果により、同サイトの化粧品の月別売上高は導入以前の2倍から3.5倍で推移するに至った。

 また、オリジナルサイト「ECカレント」では、18年9月にWEB接客ツールのチャット機能を開始した。これにより、商品購入を検討する段階からリアルタイムでお客様と会話できるようになり、10月以降年末商戦に向けてコンバージョン率(CVR)アップの効果が出始めてきた。これにより、顧客が希望する配送場所に応じた最短納期のスムーズな案内などが可能となり、設置サービスが必要な冷蔵庫、テレビなどの大型家電の在庫施策と連動させたプロモーションを展開することが可能になった。

◆百貨店など他社店舗への卸販売は従来の8店舗から新たに4店舗増える予定

 また、子会社エックスワンが展開するビューティー&ヘルスケア事業では、新商品として、2018年12月に、栄養機能食品「アクティベックス100(ハンドレッド)Q HG(エイチジー)」をリニューアルした「アクティベックス100(ハンドレッド)セサミン HG(エイチジー)」を発売し、直近に至るまで堅調に推移している。また、2018年9月より、新ビジネスプラン「X-two bird(エックスツーバード)」をスタートし、新時代のビジネスコミュニケーションスタイルに適したオートシップをベースとするバイナリーシステムを導入し、やはり順調に推移している。

 今期は、売れ筋商材の確保とアイテム数の充実、在庫の適正化を引続き推進する。また、売上確保の大きな要因となっている外部サイトでの販売促進イベントに積極的に参加し、WEB接客ツールなどを用いて新たなサービスの展開を行う。

ラオックス<8202>(東2)の運営する免税店でのエックスワン商品の化粧品は販売の上位を占めており、今後も訪日観光客のニーズに合った商品の供給を促進し、販売強化に繋げていく計画だ。また、昨年より開始した百貨店など他社店舗への卸販売は従来の8店舗から新たに4店舗増える予定とした。

 今期・2020年1月期の連結業績予想は、売上高が253.20億円(前年同期比11.9%増)、営業利益は2.05億円(前年同期は0.1717億円)、親会社株主に帰属する当期純利益は0.94億円(前年同期は1.20億円の赤字)、1株利益は3円47銭を見込む。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る