【銘柄フラッシュ】シンバイオ製薬が急伸しケイブは大株主の異動が注目され急反発

株式市場 銘柄

 4月16日は、RPAホールディングス<6572>(東1)がストップ高の700円高(17.7%高、4655円)となり、前期決算と今期の連続大幅増益の見通しなどが注目されて株式分割など調整後の上場来高値を更新。

ヨシムラ・フード・HD<2884>(東1)は今期の業績予想を連結営業利益は82%増、経常利益は57%増とし、前期の減益から「倍返し」の急回復になることなどが言われてストップ高の100円高(15.8%高、732円高)。

カーリットHD<4275>(東1)は第3四半期までの業績進ちょく率などが注目されたほか、踏切りの遮断機のバーがノコギリで切断された事件を契機に発煙筒の需要が増すとの期待もある様子で6.3%高となり出直り拡大。川金HD<5614>(東2)は10.6%高となり、2月発表の四半期決算短信で「ゴム用射出成型機につきましては(中略)供給能力ぎりぎりのところまでの受注が精一杯」としたことなどが言われて注目し直す様子があり出直り拡大。

ティーケーピー<3472>(東マ)はストップ高の700円高(18.8%高、4425円)となり、類似業態の米国大手からの事業買収が材料視されて年初来の高値を大きく更新。エル・ティー・エス<6560>(東マ)は10.9%高となり、ビジネスプロセスマネジメントを活用したプロフェッショナルサービス事業やロボティクス・AI、ビジネスプロセスマネジメントなどにより働き方改革、企業変革を支援するため時流に乗り、業績も連続最高益の見込みとあって出直り拡大。

シンバイオ製薬<4582>(JQG)は14時前から突如、動意を強めて一時ストップ高の50円高(26.3%高、240円)まで上げて大引けも17.9%高。「トレアキシン」に関する新たな発表が近いのではといった憶測が。ケイブ<3760>(JQS)は5.8%高となり、16日付で株式会社KeyHolder(キーホルダー)<4712>(JQS)の議決権割合が14.88%から9.61%に低下し主要株主に該当しないことになったと発表し、経営の自由度が増す期待などが言われて大きく反発した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る