【配当特集】イワキは連続最高益・連続増配見通し

配当特集

【利益還元に積極的な「魅力ある企業」(配当)】

■株価はPBR0.8倍と割安

イワキ<8095>(東1)は、医薬品・医薬品原料などを主力とする企業集団で、健康に奉仕することをモットーに、一般用医薬品および健康食品を薬局、薬店、ドラッグストアへ供給しているほか、医薬品原料、機能性食品原料、化粧品原料、食品原料などを国内外の約1,000社から仕入れ、約3,000社の取引先へ供給している。また、同社はグループ企業においてジェネリック医薬品の製造、表面処理薬品の製造などの機能を持つ。グループ企業と力を合わせ、高品質の自社開発品や高い信頼性を持つ受託加工品・OEM製品も市場へ供給を続けている。

 同社グループは、2016年1月に中長期ビジョンVision “i-111”を発表し、創業111周年を迎える2025年までに連結売上高1,000億円以上、No.1マーケットシェア、ROIC=10.0%を実現する中長期経営計画を定めている。本年2019年は、中長期経営計画の4年目にあたるが、過去3年において、同社社グループの業績は大変順調で、2期連続の最高利益更新も達成している。

 医薬・FC事業では、主に医薬品について、医薬品原料・医薬品の製造から販売までを行っているほか、創薬支援サービスなどのバイオ関連事業や医療機器の販売を行っている。

 HBC事業では、全国の顧客に一般用医薬品、機能性食品原料・化粧品原料の販売、化粧品の通信販売およびOEMを中心とした事業を展開している。

 食品事業では、海外食品メーカー、関連会社であるボーエン化成の食品原料を中心に提案を行っている。

 化学品事業では、主に表面処理薬品を中心とした、化学品の製造・販売を行い、国内外の幅広いネットワークを軸とした事業を展開している。

 その他事業では、動物用医薬品、医療用医薬品の販売等を行っている。

 4月12日に大引け後に発表した今19年11月期第1四半期業績実績は、売上高147億5500万円(前年同期比8.9%増)、営業利益5億0600万円(同6.4倍)、経常利益5億4400万円(同5.8倍)、純利益3億4900万円(同7.8倍)と増収大幅増益。医薬・FC事業における副腎皮質ホルモン・抗生物質配合剤の基礎的医薬品の増益効果が、昨年度は第2四半期から寄与し始めたことに対して、今年度は期初から貢献したことに加えて、HBC事業、化学品事業が黒字転換したことで、第1四半期営業利益の第2四半期計画に対する進捗率は58.8%となり、前年同期が9.2%であったことから上方修正も予想される。

 今19年11月期業績予想は、売上高630億円(前期比4.9%増)、営業利益20億円(同8.2%増)、経常利益20億円(同横ばい)、純利益15億5500万円(同9.6%増)を見込む。年間配当予想は、11円(同0.5円増)の連続増配を予定している。

 株価は、昨年10月3日高値644円から1月4日に年初来安値376円と調整。3月11日安値379円と売り直された後、底値モミ合いを上放れし、4月15日に年初来高値486円と買われている。連続最高益更新見通しで、予想PER9倍台・PBR0.80倍と割安感があり、配当利回りは2.3%と利回り妙味もある。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る