【銘柄フラッシュ】タツミなど急伸しパシフィックネットは「補足説明」が注目され活況高

株式市場 銘柄

 4月23日は、CEホールディングス<4320>(東1)が15.3%高となって東証1部の値上がり率トップとなり、9月締めの第2四半期の業績見通しの増額修正が好感されて年初来の高値を更新。

ミツウロコグループHD<8131>(東1)は6.2%高となり、連結子会社ミツウロコヴェッセルが東京電力エナジーパートナーと提携し、4月から取次事業者として都市ガス提供サービスを開始していることなどが言われて2日続伸。

パイプドHD<3919>(東1)は6.0%高となり、金融機関向けの営業支援ソリューションを開発し、みずほFG(8411)と共同で提供開始との発表などが注目されて年初来の高値を更新し昨年来の高値に顔合わせ。

東邦化学工業<4409>(東2)は最高益基調の高業績に加え、ライフサイエンス分野など新たな事業領域への進出も模索とすることなどが言われて出直りを強め5.9%高。パシフィックネット<3021>(東2)は4.9%高となり、四半期決算の補足説明資料の開示が注目されて活況高。エス・ディー・エスバイオテック<4952>(東2)は業績予想の増額修正が好感されて3.7%高。

ソケッツ<3634>(東マ)はストップ高の150円高(15.2%高、1137円)となり、「感性メタデータ」を資生堂(4911)グループ会社に提供との発表が注目され大きく出直り。オンコリスバイオファーマ<4588>(東マ)は8.8%高となり、急騰後の一進一退相場で値固めの途上だが3日続伸。

タツミ<7268>(JQS)は急反発となりストップ高の80円高(28.8%高、379円高)。コレという株価材料が見当たらないが、日本電産(6594)がオムロン(6645)の自動車部品子会社を買収する事に関連するのではとの見方が。ネクストウェア<4814>(JQS)は10.2%高となり、顔認識システムの米社との代理店契約が好感されて急伸し年初来の高値を更新した。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■ベトナムに進出した関連株にアプローチ 全般相場が、海外市場の波乱展開にふらされるようなら、これま…
    3. ■10月相場では、いよいよ理想買いから現実買いへ  安倍晋三首相は、消費税増税の使途変更を争…
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る