【材料で見る株価】ソースネクストは注目度が強まる、自動AI通訳機が40万台越え

材料でみる株価

【AI通訳機、世界74言語のほか大阪弁や名古屋弁にも対応!?】

■「ポケトーク」シリーズ累計出荷台数が1年半で40万台超える

ソースネクスト<4344>(東1)は4月初旬の423円を安値に下げ止まり、半年近く続いた調整相場から出直り基調に転換している。20年3月期の業績は大きく回復する見通し。株価はこれを先取る様子があるが、決算発表は5月15日の予定で、ここで発表する今期・20年3月期の見通しによっては回復に弾みがつく可能性があり、注目度が強まっている。

 4月24日、手のひらサイズの自動AI通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」シリーズの累計出荷台数(サンプル等除く)が、2017年12月の初代機の発売以来、この4月23日時点で40万台を越えたと発表した。

 また同日には、最新機種の「POCKETALK(ポケトーク)W」がJR名古屋駅構内の飲食店など74店舗で、4月24日から本格導入されると発表した。

 「ポケトークW」は、世界74言語(2018年12月時点)に対応し、ボタンを押しながら話しかけるだけで、通訳がいるかのように対話ができるAI通訳機。世界126の国と地域(19年2月1日時点)で使える4G対応のグローバル通信機能を内蔵している。

 最近は、明石家さんまさんを起用したテレビCMの効果もあり、認知度が急上昇しているもようだ。名古屋駅構内でも採用されるということで、市場関係者の間では、「大阪弁や名古屋弁にも対応できるようだ」との見方が出ている。

 4月24日の株価は479円(6円高)だった。2018年10月を高値に調整基調が続いている。業績推移をみると、連結営業利益は2017年3月期をピークに高原状態を続け、純利益は18年3月期がピークのため、おおむねこれに沿う展開といえる。ただ、調整期間が1年を超えるため、調整はかなり進んだとの見方が出ている。20年3月期の業績は大きく回復する見通し。決算発表は5月15日の予定で、ここで発表する今期・20年3月期の見通しが注目されている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る