【話題株】スノーピークは「キャンピング」に「フィッシング」を加味、ティムコとの提携に注目強まる

■今期は3期ぶり最高益の見込み、今後のアウトドアシーンに相乗効果の期待

スノーピーク<7816>(東1)は2019年1月初の1200円台から4月下旬には1500円台まで回復した。キャンプ用品などのアウトドア製品、アパレル製品の開発・製造・販売を行い、前期・2018年12月期の業績が各利益とも黒字に転換。今期・19年12月期は全体に一段の拡大を見込み、連結純利益は前期比9.8%増の5.23億円を想定し、16年12月期以来3期ぶりに最高を更新することになる。

snow1.jpg

WEBサイト
 加えて、このところ注目された株価材料としては、釣り用品などのティムコ<7501>(JQS)との資本業務提携を4月10日付で発表したことが挙げられている。

 発表によると、両社の持つ「フィッシング」と「キャンピング」という専門分野において、それぞれの製品開発力、販売力、ブランド力を融合することにより、今後のアウトドアシーンに影響力を持ち、相乗効果を生み出すことが見込まれる、とのこと。両社の各店舗で相互に商品を販売するほか、両社のノウハウを生かした新製品の開発、フィッシングを主要なアクティビティーとする新たなキャンプ場の開発、などに取り組むという。キャンプと釣りは、かなり親和性のあるスポーツといえるため、株式市場関係者の間でも注目度は高いようだ。

 また、今回の提携では、スノーピークがティムコの主要株主・酒井貞彦氏からティムコ株式34万株(自己株式を除く発行株式数に対する割合13.73%)を立会外取引により取得する予定とした。中期的には、より連携を深める事業展開に発展する可能性が言われている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る