【話題】「野菜などで作った代替肉」で不二製油、大塚HDなど想起

 大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ市場に上場した、と、いくつかの報道が伝えていた(らしい)。

 米国では、「健康志向の人などの間で、肉を一切使わずに野菜などで作った代替肉の消費が増えていて」「牛肉などの生産に大量の水や穀物が使われるとして、環境保護を重視する若い人たちの間でも植物由来の代替肉の消費が増えています」(NHKニュースWEB5月7日13時19分)とのことだ。

 この話、7日夜のNHK総合テレビ「ニュース9」でも詳しく報道され、日本企業で関連する会社として、大塚ホールディングス<4578>(東1)の大塚食品が取り挙げられていた。

 これを見たある市場関係者、「日本じゃ、もう10年近く前から大豆たんぱくで作ったハンバーグをスーパーで売ってるよ。メタボ解消に愛好してるよ」とのこと。確かに、新幹線の駅弁売り場で見かける「採食弁当」といったネーミングの駅弁には、大豆製品から作ったハンバーグのような総菜が入っている。採食弁当とは、どんなオカズが入っているのか、この前の連休のときではないが見てみたことがある。

 と、いうことで、思いつく程度だったが関連銘柄を探すと、不二製油グループ本社<2607>(東1)はズバリ「大豆タンパク」と会社四季報に書いてある。それなら豆腐関連の食品メーカーは、となり、三光マーケティングフーズ<2762>(東2)やまみ<2820>(東2)旭松食品<2911>(東2)篠崎屋<2926>(東2)が出てきた。高級和食の、うかい<7621>(JQS)にも連想が波及しそうではないか、ということになった。

 ほかにも、日清食品HDは以前、ネット上でカップ麺の「ナゾ肉」(なぞの肉)が話題になったとのこと。味の素や明治HD、ハウス食などはすぐにでも参入できそうなイメージがある。関連銘柄は幅広そうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る