立花エレテックの前3月期連結決算は売上高、営業・経常益が最高を更新

■今期は米中貿易摩擦などで海外は減収予想だが連続最高益を計画

 立花エレテック<8159>(東1)が5月14日に発表した2019年3月期の連結業績は、製造業の設備投資、特に半導体製造装置関連、および自動車関連の投資を取り込み、売上高、営業利益、経常利益が過去最高を更新し、売上高は前期比2.6%増加して1828.75億円となり、営業利益は同3.1%増加して65.96億円となった。親会社株主に帰属する当期純利益は同8.1%増加して49.06億円となり、最高だった15年3月期の54億円に迫った。

■生産ラインや産ロボなどのM2M(機械間通信)ビジネスを強力推進

 FAシステム事業の売上高は107、23億円(前期比3.1%増)となり、同事業の営業利益は48.34億円(前期比2.6%増)となった。半導体デバイス事業の売上高は540.77億円(前期比1.3%減)となり事業営業利益は16億円(前期比1.0%増)となった。

■創立100周年を迎える2021年に向けAI・IoTに注力

 同社は現在、創立100周年を迎える2021年3月期を最終年度とする6ヵ年の中長期経営計画「C.C.J2200」(2016年3月期が初年度)を推進しており、18年3月期以降は、その本格的な刈り取り期と位置づけている。AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)時代に向け、ロボットを含む製造ラインや設備機械を機能的に連動させるM2M(機械間通信)ビジネスを強力に推進してきた。

 こうした展開を強め、更なるグループシナジーを追求する事を目的として、国内子会社の(株)高木商会を19年2月に完全子会社化した。また、同じく子会社の(株)テクネットについては、商流合理化のため、その商権を三重支店に移管し解散した。

 今期の連結業績見通しは、米中貿易摩擦等の影響を受けて、中国を中心に先行きは不透明な状況が続くものとの前提に立ち、海外子会社は減収を見込むとし、売上高は1830億円(19年3月期比0.1%の増加)とし、営業利益は67.20億円(同1.9%増)とした。連続最高を更新する。一方、親会社株主に帰属する当期利益は、前期に政策保有株式の売却益があったことの反動があり48.60億円(同0.9%減)、1株利益は192円56銭の見込みとした。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年3月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る