ラ・アトレの第1四半期連結決算は経常利益が通期計画の55%を確保

IR企業情報

■大型案件の引渡しが進むとともに営業外費用は23%削減

 ラ・アトレ<8885>(JQG)が5月15日に発表した2019年12月期の第1四半期連結決算(2019年1~3月)は、経常利益が通期計画値に対し55%の進捗となるなど大幅に拡大し、3期連続の最高値更新に向けて大きく前進する好決算になった。

 第1四半期の連結売上高は、前年同期の2.4倍の33.46億円となり、営業利益は同じく8.1倍の6.58億円となった。収益不動産「LAホテル福岡」や土地企画販売業務「大森北プロジェクト」及び「東十条プロジェクト」などの大型案件の引渡しが完了した上、営業外費用が同23%削減でき、経常利益は同150倍の6.03億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同103倍の4.12億円だった。


■中期計画(2019~2021年)で東証本則市場へのステージアップ目指す

 不動産管理事業部門では、保有資産のポートフォリオ入替プロジェクトを積極推進し、第1四半期は一時的に収益が減少したが、第2四半期には、高齢者向け施設の取得により、その賃料収入が業績に寄与する予定とした。

 12月通期の連結業績見通しは据え置いたが、営業利益は通期予想額13.64億円(前期比14.0%増)の48%を確保し、経常利益は同じく11.00億円(同17.0%増)の55%に達した。通期の売上高の予想は152.30億円(同97.3%増)、純利益の予想は7.63億円(同22.2%増)で、予想1株利益は144円65銭。売上高、各利益とも続けて最高を更新することになる。

 同社では現在、中期経営計画(2019~2021年)を推進しており、(1)東証本則市場へのステージアップ(市場変更)を目指す、(2)事業ポートフォリオの拡大=マルチチャネル化を推進、(3)中期的企業価値向上を意識した報酬ガバナンスの整備、(4)2020年の創業30周年に向けた準備と次なる挑戦の設定、などを推進している。

 到達年度となる21年12月期の数値目標は、売上高が201.76億円(19年12月期の見通し比32.5%の増加)、経常利益が15.30億円(同39.1%の増加)、親会社株主に帰属する純利益は10.66億円(同39.7%の増加)とする。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る