【株式市場】日経平均は後場199円安となり3日ぶりに反落

株式

◆日経平均は2万972円71銭(151円29銭安)、TOPIXは1528.67ポイント(11.07ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で10億2384万株

チャート12

 6月18日(火)後場の東京株式市場は、海外勢の一角が株価指数連動型で売却する動きがあるとされ、ブリヂストン<5108>(東1)京セラ<6971>(東1)などが一段軟化して始まった。日経平均は97円安で始まった後ジリ安基調になり、13時前に2万1000円を割り込んだ。14時40分を過ぎては199円81銭安(2万924円19銭)まで下押し、大引は3日ぶりの反落となった。TOPIXは2日続落。

 米ERB(連邦準備制度理事会)が同国時間の18、19日に金融政策決定会合を開く上、トランプ米大統領がツイッターで「来週にも不法移民の送還を始める」と述べたとされ、様子見姿勢が強まった。米司法省がIT巨大企業を反トラスト法(独占禁止法)に基づいて調査する方針と伝えられ、自由度向上への期待などが言われてアイティメディア<2148>(東1)などが高く、ウエスコHD<6091>(東2)は第3四半期決算などが注目されて高い。メドピア<6095>(東マ)は9月決算への期待などが言われて上げ、多摩川HD<6838>(JQS)は今期の大幅増益予想などが再認識されて高い。

 東証1部の出来高概算は少な目で10億2384万株(同4億6019万株)、売買代金は1億7752億円(前引けは7893億円)。1部上場2143銘柄のうち、値上がり銘柄数は307(同716)銘柄、値下がり銘柄数は1781(1320)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がり(前引けは23業種が値上がり)、値下がり率の小さい業種は、医薬品、その他製品、パルプ・紙、その他金融、繊維製品、非鉄金属、食料品、輸送用機器、などとなった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る