ケイアイスター不動産が底堅い、「IoT住宅向けセンサー」の共同開発で業務提携

■スマホで室内の換気や結露の要因除去など行うインテリジェント住宅を開発

ケイアイスター不動産<3465>(東1)は6月20日の取引終了後、「IoT住宅向けセンサー」の共同開発を発表し、住宅内の空気質モニタリングによって、換気を促すメッセージをスマートフォンに流すことなどにより、結露の要因を取り除くなどのスマート住宅設備の共同開発に着手するとした。

■住宅の空気と快適性に着目した新商品を展開し子育て世帯などに提供

 共同開発は、カマルク特定技術研究所株式会社(鹿児島県鹿屋市、カマルクX)と行う。カマルク特定技術研究所は、時系列データ基盤を活用した「IoT&M2M」ソリューション開発や、時系列データ管理システムIoT関連システム開発などを行い、すでに、サービス付き高齢者住宅に最新の介護福祉向けICTシステムを導入するなどの実績がある。

 同社との提携により、第一弾として、住宅内の空気に着目し、空気質モニタリング用のIoT対応センサー製品の実現を目指す。住宅において十分な精度での測定・分析が低コストで実現可能な一連の「IoT住宅向けセンサー」製品や、AIをベースにしたセンサーデータ分析サービスを共同開発し、これら製品及びサービスを安価で汎用性のあるものとすることで、住宅の快適性維持向上のための商品展開を目指す。

 このような取り組みにより、住宅空間の快適さを損ねうる空気質の状態を「自ら判断するインテリジェントな住宅」を開発。例えば、料理などによる湿度の急上昇を検知し、換気を促すメッセージをスマートフォンに流すことで、「結露」という不快要因を取り除くとともに、換気不足による結露を原因としたハウスビルダーへのクレームを減らすなど、住宅オーナーとハウスビルダーの双方にメリットをもたらすことが可能となる。

 こうしたセンサー製品やサービスを通じ、ケイアイスター不動産の主要顧客層である一次住宅取得層や子育て世帯に向け、さらなる安全・安心・快適を提供していく計画だ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る