クリナップの新コンセプトショールーム「クリナップ・キッチンタウン・横浜」が28日オープン

■キッチン空間のカラーとテイストを具体的に表現した12セットの「空間提案コーナー」や最新キッチンの実体験など、みどころ満載

 本年10月に創業70周年を迎えるクリナップ<7955>(東1)は、横浜ショールームと横須賀ショールームを統合し、新たにコンセプトショールーム「クリナップ・キッチンタウン・横浜」として、6月28日(金)午前10時にオープンした。7月1日(月)より通常営業に入る。

 首都圏での新コンセプトショールーム「キッチンタウン」の開設は、2015年の東京(新宿)に続き2ヵ所目。全国では、大阪(2012年)、東京、名古屋(2016年)に続く4ヵ所目となる。

k11.jpg

エントランス&インフォメーションカウンター

k12.jpg

空間提案コーナー(CENTRO)

■都市型のコンセプトショールーム、動線に沿って館内をめぐることで様々な体験・発見が

 「キッチンタウン・横浜」の特徴は、(1)動線に沿って館内をめぐることで、クリナップキッチンの特長をご覧いただき、自分好みのインテリアテイストを発見できる「ディスカバリーウォーク」、(2)9つの質問に答えることで、好みに合ったインテリアテイストを発見でき、キッチンのカラーコーディネートができるインテリアシミュレーションシステム「My Kitchen Coordination」、(3)キッチン空間のカラーとテイストを具体的に表現した12セットの「空間提案コーナー」、(4)最新キッチンの体験や、イベントを開催できる「キッチンスタジオ」、など。

 このほか、館内のデザインコンセプトを「Natural Fusion~横浜の自然との調和~」とし、日本を代表する『みなと街・横浜』のイメージを再現するなど、みどころがいっぱい。都市型のコンセプトショールームとして、横浜エリアに密着した提案活動を展開するだけでなく、近県の来客も誘致する。

 同社では、「クリナップ・キッチンタウン・横浜は豊かなライフスタイルを体感できる『暮らし方の価値提案ショールーム』として、生活者の多様化する暮らしのニーズにお応えしていく」としている。

【クリナップ・キッチンタウン・横浜の概要】
(7月1日より通常営業)
・住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい4-7-3、横浜メディアタワー2階
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:毎週水曜定休(夏期・年末年始休日等あり)
・展示内容:システムキッチン21セット、システムバスルーム6セット、洗面化粧台7セット
・ショールーム面積:250坪(825平方メートル/多目的スペース含む) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る