【銘柄フラッシュ】ヒーハイスト精工が急伸しTATERUは出尽し感から高い

株式市場 銘柄

 7月1日は、TATERU<1435>(東1)が18.0%高となり東証1部の値上がり率トップ。国土交通省が宅建業に関するすべての業務について7月12日から18日までの間、業務停止としたことを受け、停止日数が予想より短かったとみる投資家が多かった様子。

 太陽誘電<6976>(東1)は14.7%高となり、前後場ともジリ高傾向を継続。米国が中国ファーウエイ(華為技術)への制裁を緩和する方針を表明したことなどが好感され、電子部品株や精密機械株とともに出直りを拡大。

 日本鋳鉄管<5612>(東1)は一時4日連続ストップ高の150円高(18.3%高、968円)まで上げ、大引は13.8%高の113円。これまで水道管工事の新材料が言われてきたが、1日の取引終了後、東証が東証2部への指定替えの猶予期間から解除との発表が伝えられ、6月の時価総額が月中平均、月末とも「20億円」を上回ることが要件のため、本当の目的はコレだったのか、という声が。

■田岡化学は名古屋大学との研究開始が注目されて3日連続ストップ高

 田岡化学工業<4113>(東2)は一時3日連続ストップ高の700円高(17.9%高、3900円)となり、大引けも13.3%高の520円高。6月27日付で「名古屋大学(ITbM)とグラフェンナノリボン量産製造法の確立を目的とした共同研究を開始」と発表し、週明けも注目が衰えない展開。

 SOU<9270>(東マ)は13.0%高となり、6月26日の東京・上野松坂屋店オープンに続き28日には常磐線で直結する千葉県松戸市に同県3店舗目を開店したことなどが言われて一段高。日本ホスピスホールディングス<7061>(東マ)は11.6%高となって出直りを強め、今6月期も連結純利益などが連続最高を更新する見込みで業績への期待が再燃との見方が。

 ヒーハイスト精工<6433>(JQS)はストップ高の80円高(29.2%高、354円)となり、ホンダ<7267>(東1)のF1レーシングカーに部品や技術を提供し、ホンダのチーム「レッドブル・ホンダ」がF1世界選手権・オーストリアGPで優勝と伝えられ急伸。ソフトフロントHD<2321>(JQS)は21.0%高となり、東証が28日付で上場廃止猶予銘柄から除外したことなどが材料視されて活況高となった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る