【注目銘柄】ジーニーは積極的な中期経営計画を追撃材料に急騰、特性再現期待を高め反発

注目銘柄

ジーニー<6562>(東マ)は、前日1日に8円高の580円と4営業日ぶり反発して引け、取引時間中には615円まで買われる場面があり、ストップ高を交えてつけた6月26日の直近高値665円を強く意識した。6月28日に公表した中期経営計画が買い手掛かりとなっており、同計画の最終年度の2022年3月期の目標売上高が今2020年3月期予想比で6割増、売上総利益が2.3倍を想定していることが、業績、株価の高成長期待を高めた。同社株は、好材料が出現するたびに今年3月には2日連続のストップ高、今年6月もストップ高と急騰特性を発揮しており、再現を催促する動きにつながっている。

■最終年度の2022年3月期の売上総利益は今期予想比2.3倍と高成長

 同社の中期経営計画では、最終年度の2022年3月期の業績目標を売上高250億円、売上総利益60億円、営業利益と減価償却費、のれん償却費を合算したEBITDAを30億円超と策定した。今2020年3月期業績は、売上高155億7000万円(前期比4.1%増)、売上総利益25億9000万円(前期比33.1%増)、EBITDAを3億5900万円(前期比1789.9%増)と予想しており、最終年度には、売上高が今期予想比60%増、売上総利益、EBITDAはそれぞれ今期予想比2.3倍、8.3倍と高成長する。

 この高成長に向けて、今期は、事業ポートフォリオのマネジメントを強化し、事業フェーズ毎の経営判断を適切に下しつつ、マーケティング領域の各プロダクトのクロスセルを積極展開、さらには、執行役員制度を活用し事業責任者へ権限を委譲し、組織体制の効率化に重点的に取り組んでいく。また、交通広告や屋外広告などの自宅以外の広告メディアのOOH領域にも進出し、この高成長を取り込む。また、アジアのインターネット広告市場は、国内市場以上の急成長が予測されており、クロスボーダー広告配信サービスを強化、拡大させていく。

■ストップ高でつけた直近高値665円抜けから年初来高値奪回を目指す

 株価は、タクシー配車サービス向け広告配信プラットフォームの運用開始や「GenieeSSP」での不正広告検知機能開発などの好材料が相次ぎ、今年3月には2日連続のストップ高を交えて年初来高値831円まで買い進まれたが、度重なる世界同時株安の波及で下値を探り、491円安値まで調整した。同安値後は、売られ過ぎとして底上げ、25日移動平均線を出没する値固めを続けてきたが、6月26日にByteDance社(東京都新宿区)が、新規提供するモバイルアプリ向け広告配信システム「TikTok Audience Network」と連携を開始すると発表して再度、ストップ高となり665円高値まで上昇し、スピード調整となった。中期経営計画を追撃材料に急騰特性の再現期待を高め、直近高値の665円抜けから年初来高値831円奪回を目指そう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る