メディア工房が14時過ぎからストップ高、全方向から撮影する立体映像が注目される

株式市場 銘柄

■後場、リアルタイム実写立体動画撮影システム本日公開と発表

メディア工房<3815>(東マ)は7月16日の14時過ぎに急動意となり、一気にストップ高の425円(80円高)まで急伸。その後ストップ高で売買をこなしている。同日付で、「最新MixedReality向けキャプチャー技術活用リアルタイム実写立体動画撮影システム「SUPERTRACK」の開発と3Dコンテンツ『ホログラ』制作のお知らせ」を発表し、これが材料視されたとの見方が出ている。

 発表によると、従来の平面動画や360度VR動画は、撮影(カメラ)位置で視点が固定されているが、同社が開発した「Volumetric Video」(リアルタイム実写立体動画)「SUPERTRACK」は、被写体を全方向から撮影し立体の映像を作り出すため、視聴者は完全に⾃由な視点にて映像を鑑賞することができる。しかも、特別な撮影環境や設備を必要とすることなく撮影環境を簡易的に構築でき、独⾃の3D構成プログラムにより、市販のPCでも動作する実寸大表示可能な高解像度のVolumetric videoが作成可能になった。これを本日より公開する。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る