エンバイオ・ホールディングスの第1四半期は、3事業とも好調で、2ケタ増収大幅増益

■土壌汚染対策事業では、改正土壌汚染対策法の施行により、コンサルティング業務の引き合いが増加

 土壌汚染対策事業を展開するエンバイオ・ホールディングス<6092>(東マ)の第1四半期は、3事業とも好調で、2ケタ増収大幅増益となった。

 中国では、19年1月1日に土壌汚染防治法が施行され、土壌汚染対策に対する関心が高まっている。この様な状況の中で、同社では、「中期経営計画2023」を策定し、土壌汚染対策事業を中心に、ブラウンフィールド活用事業や自然エネルギー事業を積極的に展開した。

 その結果、20年3月期第1四半期連結業績は、売上高21億54百万円(前年同期比11.2%増)、営業利益3億47百万円(同106.2%増)、経常利益2億82百万円(同115.6%増)、純利益3億77百万円(同330.6%増)となった。

 事業別の業績を見ると、土壌汚染対策事業では、改正土壌汚染対策法の施行により、コンサルティング業務の引き合いが増加した。また、拡散防止を目的とした工法や油汚染の調査も増加した。しかし、製品販売が振るわなかったり、一部の工事で進行が遅れたりしたことで減収となった。利益面では、原価率が改善し、増益となった。その結果、売上高は10億16百万円(同26.1%減)、セグメント利益28百万円(同976.3%増)であった。

 ブラウンフィールド活用事業は、エンバイオ・リアルエステートで販売に注力した結果、浄化等が完了した5物件の販売を行った。その中には要措置区域から2年間モニタリ ングの後、指定区域を解除して販売した物件も含まれている。仕入れに関しては、2物件を仕入れた。その結果、売上高7億03百万円(同140.3%増)、セグメント利益1億24百万円(同91.4%増)と大幅増収増益となった。

 自然エネルギー事業では、新たに岡山県久米郡で稼働開始したことで、第1四半期末日現在、太陽光発電所は29か所、総発電量35,614kWが稼働している。その結果、売上高4億33百万円(同61.6%増)、セグメント利益1億63百万円(同123.2%増)と大幅増収増益。

 今通期連結業績予想は、売上高92億37百万円(前期比7.9%増)、営業利益8億40百万円(同32.7%増)、経常利益6億07百万円(同39.5%増)、純利益5億23百万円(前期△1億50百万円)と増収大幅増益で過去最高益を見込む。

 ちなみに進捗率を調べると、売上高23.3%(前期22.6%)、営業利益41.3%(同26.5%)、経常利益46.5%(同30.1%)、純利益72.1%(前期赤字)と利益利面での進捗率が高いことから、上振れも期待できそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る