メディカル・データ・ビジョンの第2四半期業績は「データ利活用サービス」牽引し大幅黒字化

■営業最高益だが戦略事業の「CADA-BOX(カーダボックス)」拡大には時間も

メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)の2019年12月期・第2四半期連結決算(19年1~6月累計)は、医療ビッグデータ(診療情報)を分析して提供する「データ利活用サービス」の売上高が前年同期比40.3%増加するなどで、連結売上高は前年同期比21.3%増の17.86億円となり、営業利益は2.70億円となり前年同期比で黒字に転換。売上高、営業利益は、第2四半期としての過去最高を更新した。親会社株主に帰属する四半期純利益も黒字に転換し1.73億円となった。

■「データ利活用サービス」は40%増加し「データネットワークサービス」は2%増加

 同社の事業は、「データネットワークサービス」と「データ利活用サービス」の2つの柱で構成されており、「データ利活用サービス」を行うために「データネットワークサービス」により医療・健康情報を集積する形になっている。当第2四半期は「データ利活用サービス」が業績を牽引する形になり、その土台ともいうべき「データネットワークサービス」の売上高は同1.5%の増加だった。

■「CADA-BOX」もう少し導入が増えれば「爆発的普及期」に移行も

 今期は、2つの大きな事業目標を掲げており、一つは、「データネットワークサービス」の中の次世代戦略システムである「CADA-BOX」(カーダ・ボックス:患者自身が診療情報の一部を保管・閲覧できるWEBサービス「カルテコ」と医療費の後払いサービス「CADA決済」を電子カルテと連携させた病院向けITシステム)の受注拡大。もうひとつは、医師ネットワーク事業の子会社Doctorbook(ドクターブック)などの重点子会社の黒字化、だ。

 この2大目標のうち、「CADA-BOX(カーダ・ボックス)」の受注拡大については、期初に今期の新規受注目標を22病院としたが、第2四半期累計期間での新規受注は2(1病院+1団体)にとどまった。第2四半期末での累計導入数は8病院(稼動済み:7病院、稼動準備中:1病院)+1団体。患者側の利便性をも大きく向上させた革新的ITシステムのため、もう少し導入数が増えれば「爆発的普及期」に発展するとみられるが、調査筋からは、それにはまだ時間を要するとの見方が出ている。

 今期・19年12月期の連結業績見通しは従来予想を据え置き、売上高は42.50億円(前期比18.8%の増加)、営業利益は5.00億円(同42.2%の増加)、親会社株主に帰属する当期純利益は2.79億円(同約4倍)、1株利益は6円98銭。

 「CADA-BOX」の展開状況は、現段階では目標から果てしなくかけ離れている状態だが、それだけに、進展が見られれば株価にとっても大きな支援材料になる可能性がある。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る