ファンデリーが今年も「私のおせち」、食事制限のある方々に向けて10月発売開始

日本インタビュ新聞

■糖尿病や脂質異常症などで食事療法の方にも合うよう調製、メタボ対策にも

ファンデリー<3137>(東マ)は8月19日、今年も「食事制限があるから年末年始におせち料理が食べられない」という方々の悩みを解決するために開発した、栄養価を調整した『私のおせち』を10月1日(火)より発売する。これにさきがけて、『私のおせち』のこだわりやお召し上がり方などを紹介する特設サイトを8月19日午前10時に公開した。

■一般的なおせちは、保存がきくように砂糖や食塩を多く使用するが

 同社は、食事コントロールを通して血液検査結果の数値改善を目指す健康食の宅配サービスや、そのカタログである『ミールタイム』顧客への栄養士による情報提供・各種相談、45,000人のネットワークがある栄養士のコミュニティサイト『フーディッシュ』の運営などを行っている。

■見た目にもこだわり「ヘルシータイプ」「たんぱく質調整タイプ」の2種を用意

 一般的なおせちは、保存がきくように砂糖や食塩を多く使用しており、「カロリー」や「塩分」が高くなりがちだが、『私のおせち』では、栄養価が調整されており、メタボ対策やダイエット目的だけでなく、糖尿病や脂質異常症などで食事療法を必要とされている方でも注目できる調製となっている。本年度も、召し上がる方の体に合わせて、ヘルシータイプ、たんぱく質調整タイプの2種類を用意し、2019年10月1日(火)より、『ミールタイム』で発売開始する。

■腎臓病や糖尿病性腎症の方でも安心

 たとえば、『私のおせち<たんぱく質調整タイプ>』は、「たんぱく質や塩分が気になる方にお召し上がりいただけるよう、栄養価を調整しました。天然ぶりを自家製のタレに付けてじっくりと焼き上げた「ぶりの山椒焼き」や、色鮮やかな色彩ときめ細かいふんわりとした食感をお楽しみいただける「錦玉子」など、魚介類や卵もお楽しみいただけます。宝石のように輝く「いくら醤油漬け」や、つやつやでふっくらとした定番の「黒豆」など、お重を開けるのが楽しくなるよう見た目にもこだわりました。腎臓病や糖尿病性腎症の方でも安心してお召し上がりいただけます」などとしている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    3. クリナップ<7955>(東1)は、3月5日から3月8日まで東京ビッグサイトで開催された「建築・建材…
    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る