加賀電子の連結子会社、加賀ソルネットは『PINT GLASSES』シリーズの新製品を8月下旬より発売

■さまざまな老眼の人にクリアな視界と広い視野を提供する新製品

加賀電子<8154>(東1)の連結子会社で、パソコン・モバイル製品・周辺機器、写真用品などを販売している、加賀ソルネット(本社:東京都中央区)は、『PINT GLASSES(ピントグラス)』シリーズの新製品「軽度レンズ(老眼度数:+1.75D~0.0)」を8月下旬より販売する。

 『PINT GLASSES』は、小松貿易 (本社:大阪府大阪市)が長年の研究開発により完成させた、独自設計の累進多焦点レンズを搭載するシニアグラス(老眼鏡)。レンズの中心からやや下部、主に手元を見る時の視点の位置に【+1.75D(軽度用の場合)】のレンズを配置し、外側に向かい同心円状に度数が滑らかに減少していく累進設計とすることで、自然な焦点(ピント)移動を可能にした、さまざまな老眼の人にクリアな視界と広い視野を提供する新製品。モノを大きく見せるルーペ(拡大鏡)と違い、シニアグラスは見たいモノにピントを合わせる。従って、ピントグラスは自然な見え方で使用できる。また、ブルーライトカットやハードコーティングといった安心機能も搭載している。加賀ソルネットは、『ピントグラス』の国内販売総代理店として、全国の家電量販店、インターネットショップなどを通してこの製品を販売している。

 「軽度レンズ(老眼度数:+1.75D~0.0)」は、先行販売している「中度レンズ(老眼度数:+2.5D~0.6D)」と同様、累進設計の多焦点レンズを採用している。レンズの中心部分は1.75D、外側は0.0の度数を内蔵している。(中度レンズの中心部分は、2.5D、外側は0.6D)昨今、毎日の生活の中でスマートフォンやパソコンを見る時間が長くなっているなか、ミドル層の老眼化が進んでいる。

 「軽度レンズ(老眼度数:+1.75D~0.0)」は、「最近、近くが見えにくくなってきた」といった初期老眼のミドル層のための“初めての老眼鏡”として商品化した。また、老眼度数0度からのレンズを用意することで、より裸眼に近い見え心地を実現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年3月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る