ゼリア新薬:グローバル企業へ基盤強化を加速

IR企業情報

■医薬品製造販売「F.T.Pharma社」(ベトナム)株式49%を取得

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は、このたびベトナムの医薬品製造販売会社であるPharmaceutical Joint Stock Company of February 3rd(「F.T. Pharma 社」・所在地:ベトナム ホーチミン市、代表者:Le Thanh Su)の株式49.0%を取得することを決め、株式譲渡契約を締結した。

 F.T.Pharma社は、ベトナムで医療用医薬品、OTC医薬品および健康食品の製造販売を展開する中堅医薬品製造販売会社である。

 ゼリア新薬は、2014年度からスタートした第8次中期経営計画で、グロ-バル企業としての基盤強化を図るために、成長著しいアジア地域での事業展開を積極的に進める計画としているが、今回F.T.Pharma社株式を取得することで、ゼリア新薬工業グループがアジア地域での事業展開を強化、グローバル企業としての基盤強化を加速する。

 同社は欧州で、2009 年9月にティロッツ社(スイス)、2010年9月にZPD社(デンマーク)を買収し、既に海外展開を積極的に進めているが、今回のF.T.Pharma社の株式取得は、欧州市場に次ぐ、同社のアジア戦略を推進する起点として動向が注目される。

 なお、4月17日付組織改正で、国際事業本部をアジア事業本部に改称し、傘下にアジア事業企画部を新設して、アジア事業開発部との2部体制を採用するなど、アジア事業推進へのフォロー体制を整えた。

【F.T.Pharma社の概要】
1)名称:Pharmaceutical Joint Stock Company of February 3rd
2)所在地:10 Cong Truong Quoc Te, District 3, Ho Chi Minh City, Vietnam
3)代表者:Le Thanh Su (Chairman of the Board of Directors)
4)事業内容:医薬品製造販売業、健康食品製造販売業、他
5)資本金:46,500百万ベトナムドン(2.6億円)
6)従業員数:331名(2014年9月末時点)
7)設立年月日:1976年9月13日
8)売上高:245,204百万ベトナムドン(2013年12月期)(13.7億円)、当期純利益:23,545百万ベトナムドン(同期)(1.3億円)
注)1 ベトナムドンは、2015年3月16日から4月15日までの為替レートの平均値0.00557円で換算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■序奏が聞こえたEV関連株は環境株人気も伴い展開部、再現部と続き上値を期待 …
    3. ■イトーヨーギョーの株価推移を横目にウオッチ  本特集では、災害関連株に注目することとした。…
    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る