【アナリスト水田雅展の銘柄分析】MRTは中期成長力を評価して水準切り上げ

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 MRT<6034>(東マ)は医師プラットフォームを運営して医師紹介事業を主力としている。株価は2300円~2500円近辺でモミ合う展開だが下値固めは完了している。16年3月期も増収増益が予想され、中期成長力を評価して水準切り上げの展開だろう。

 14年12月東証マザーズ市場に新規上場した。インターネットを活用した医師プラットフォームを運営し、医師を中心とする医療人材紹介事業を主力としている。東京大学医学部附属病院の医師互助組織を母体としているため、医師視点のサービスや医師を中心とする医療分野の人材ネットワークが強みだ。

 主力サービスは、非常勤医師を紹介する外勤紹介サービス「Gaikin」、常勤医師を紹介する転職紹介サービス「career」、医局向けサービス「ネット医局」などで、15年3月31日時点の医師紹介件数は累計70万件を突破した。看護師や薬剤師などの転職・アルバイト情報サイト「コメディカル」も運営している。

 医局は教授を中心とした医師同士の相互扶助組織として存在し、各医局には数人から数百人の医師が存在している。医局は大学・診療科ごとに存在し、大学医局だけでも全国で2000以上存在している。そして医局は医師の人事業務も統制し、大学病院以外の医療機関の多くは医局の人事によって医師が供給(派遣)され運営が成り立っている。また大学病院で勤務している医師が大学病院以外で勤務することを医師間では「外勤」と呼び、医師は大学医局の指示のもとで「外勤」を行っている。

 外勤紹介サービス「Gaikin」は、非常勤を希望する医師会員と医療機関との間で、インターネット技術を活用した当社の人材紹介システムを利用して、反復継続的に自動マッチングを行うサービスだ。

 転職紹介サービス「career」は、常勤医師紹介専任スタッフが直接面談を行い、会員医師の要望を把握したうえで、求人側の医療機関と転職(常勤医師)希望の医師をマッチングするサービスだ。

 医局向けサービス「ネット医局」は、医局管理業務を支援するグループウェアを提供している。医局管理業務の効率化を推進し、当社にとっても医局単位で医師をカバーして全国的に医師会員数を増やすことが可能となる。また「Gaikin」と「ネット医局」を組み合わせることで、市中病院への医師供給という医局機能を補完する。

 国内の医師需要については、高齢化社会の進展に伴って医療ニーズが増加する一方で医師の供給不足が深刻化し、中期的に医師の売り手市場が予想されている。また医師の地域偏在という地域間格差問題が存在する一方で、医師流動化が活発になることも予想されている。このため医師紹介市場においてはインターネットの活用や、医局との関係による競争優位性の確保が重要になる。

 こうした事業環境に対して、医師会員向けに提供する情報・サービスの付加価値を高めるとともに利便性も向上させて、医師と医療機関を繋ぐ強力なネットワークを構築していることが特徴だ。

 中期成長戦略としては、1都3県から全国へネットワークを展開し、全国大学医局へのサービス導入を目指している。またアライアンス戦略も活用してシェア拡大を推進するとともに、コンシューマー向けサービスなどの新規事業も検討している。

 15年2月には日本最大級の税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」を運営する弁護士ドットコム<6027>と業務提携した。会員登録の医師や医療機関に対して「税理士ドットコム」に会員登録している税理士を紹介することでサービスを拡充する。また3月には全国展開への第一歩として東海地区に名古屋営業所を開設した。

 4月7日にはGMOリサーチ<3695>と業務提携した。GMOリサーチのDIY型リサーチシステム「GMO Market Observer」を利用して、当社が保有する医師会員向けのインターネット調査サービスを開始する。

 4月10日にはオウンドメディア構築事業を展開するリボルバー(東京都)と業務提携した。リボルバーが提供するモバイル特化メディアプラットフォーム「dino」をベースシステムとして、医師が発信するメディカル・ヘルスケア関連情報を掲載するメディア「GoodDoctors」を立ち上げ、当社の医療情報プラットフォームの拡充を図る。

 また4月15日には、国内最大級のショッピング・オークション一括検索サイト「オークファン」を運営するオークファン<3674>と、データ収集・解析において連携した。ビッグデータを活用して医師と医療機関に対する有益なサービスの拡充を図る。

 前期(15年3月期)の業績(非連結)見通し(12月26日公表)は、売上高が前々期比14.0%増の8億30百万円、営業利益が同3.0倍の1億66百万円、経常利益が同2.2倍の1億50百万円、そして純利益が95百万円(前期は6百万円)としている。

 第3四半期累計(4月~12月)は売上高が6億70百万円、営業利益が1億91百万円、経常利益が1億77百万円、純利益が1億12百万円で、通期見通しに対する進捗率は売上高が80.7%、営業利益が115.1%、経常利益が118.0%、純利益が117.9%だった。各利益は通期見通しを超過達成した。学会への参加や医師会員向けキャンペーンの効果、さらに営業増員や社内インフラ整備の効果も寄与して、医師登録件数および医師紹介件数が順調に増加しているようだ。

 今期(16年3月期)も医師紹介案件数の順調な増加が予想される。さらに価格改定(4月1日勤務開始案件分から外勤紹介サービス「Gaikin」の医師紹介手数料を10%から20%に値上げ)効果も寄与する。中期成長に向けた先行投資を吸収して増収増益基調だろう。

 株価の動きを見ると、3月の戻り高値2920円から反落して2300円~2500円近辺でモミ合う展開だ。ただし2月安値圏2000円近辺まで下押す動きは見られない。下値固めは完了しているようだ。

 4月22日の終値2340円を指標面で見ると、前期推定PER(会社予想のEPS50円19銭で算出)は47倍近辺、実績PBR(前期第3四半期累計実績のBPS311円40銭で算出)は7.5倍近辺である。

 日足チャートで見ると25日移動平均線を割り込んだが、週足チャートで見ると13週移動平均線が下値を支える形だ。16年3月期も増収増益が予想され、中期成長力を評価して水準切り上げの展開だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■ベトナムに進出した関連株にアプローチ 全般相場が、海外市場の波乱展開にふらされるようなら、これま…
    3. ■10月相場では、いよいよ理想買いから現実買いへ  安倍晋三首相は、消費税増税の使途変更を争…
    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る