セルシードの新株予約権が発行から2ヵ月で約3割が行使される

■「第18回新株予約権」、株価に対する需給の「ゆるみ」後退へ

セルシード<7776>(JQG)は10月23日の夕方、新株予約権の大量行使を発表し、2019年9月2日に発行した第18回新株予約権の10月月間で権利行使された予約件数(10月1日から10月23日まで)が3815個(発行総数2万8000個に対する割合は13.62%)になったとした。

■今は上値重いが行使進むにつれ値動き軽快になる可能性

 この結果、現時点における未行使の新株予約権数は1万9861個になり、発行から2ヵ月で発行総数のほぼ30%が行使済みになった。24日の株価は前場496円(9円高)まで上げ、後場は486円(1円安)前後で推移している。

■行使状況の発表が待たれる展開を予想

 新株予約権は、権利行使が進まないまま残存個数が多い間は、将来的な新株の発行増加による株式需給の「ゆるみ」が意識され、株価にとって重荷の要因になることが少なくない。

 このためか、セルシードの株価は10月23日、「iPS細胞で心臓病の治療治験申請へ、阪大の研究グループ」(NHKニュースWEB2019年10月23日4時48分)と伝えられたことが材料視され、朝方は8.9%高の515円(42円高)まで上げた。しかし、その後は値動きが重く次第にダレ模様になり、終値は487円(14円高)だった。

 ただ、見方を変えれば、このように動意づく場面では新株予約権の行使が着実に進んでいる可能性がある。市場関係者の中には、こうした局面を「行使促進相場」と呼んで注目する向きもある。行使が進むにつれ、次第に値動きの重さは後退することになり、軽快な相場になるとみられている。こうした意味で、今後、行使状況が発表になるたびに株価が強含む展開がみられる可能性がありそうだ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る