【特集】SOX、長期金利上昇関連株をメーンに地政学リスク関連株に注目

特集

 「掉尾の一振」に第2ラウンド、第3ラウンドがあるとしたら、ターゲットは、前週末は反落したが、なお高値水準にある米国のSOX関連株と長期金利上昇関連株をメーンに、万が一北朝鮮が暴発したときに備える地政学リスク関連株である。買い出遅れた投資家の買い出動や売り方の買い戻しも予想され、仕掛け好機と期待したい。=参考記事

■なお高値水準のSOX関連株とリスクオンの長期金利上昇関連株がメーン

 SOX関連株は、上場来高値を更新した東京エレクトロン<8035>(東1)や13日に日経平均株価への寄与度が大きかった信越化学工業<4063>(東1)TDK<6762>(東1)アドバンテスト<6857>(東1)京セラ<6971>(東1)などの主力株が中心になり、この高人気が関連株買いの加速要因となることが想定される。ということは、関連株は出遅れ株探し、出遅れ株買いと伝播することが有力となる。PER評価が市場平均を下回る関連株をコード番号順にあげるとRS Technologies<3445>(東1)JSR<4185>(東1)岡本工作機械製作所<6125>(東2)野村マイクロ・サイエンス<6254>(JQS)芝浦メカトロニクス<6590>(東1)アルバック<6728>(東1)アオイ電子<6832>(東2)日本電子材料<6855>(東1)アバールデータ<6918>(JQS)などとなる。配当利回りも野村マイクロの3.28%を筆頭に市場平均を上回る2%台となる銘柄も数多く、より出遅れ感を強めている。

 長期金利上昇関連株は、前週末に年初来高値を更新した三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)などのメガバンクが、究極の出遅れ株となるが、地銀株が強含む展開も想定される。地銀株のなかにはPERが1ケタ台、PBRが0.1倍の評価にとどまっている銘柄も多く、これも浮上しそうだ。低PER10銘柄を上げると2倍台のふくおかフィナンシャルグループ<8354>(東1)のほか、千葉興業銀行<8337>(東1)高知銀行<8416>(東1)宮崎銀行<8393>(東1)西日本フィナンシャルホールディングス<7189>(東1)広島銀行<8379>(東1)東京きらぼしフィナンシャルグループ<7173>(東1)フィデアホールディングス<8713>(東1)山口フィナンシャルグループ<8418>(東1)富山第一銀行<7184>(東1)などと続く。このうちフィデアホールディングスのように今3月期業績を中間業績、通期業績とも相次いで上方修正したケースもあり、業績上ぶれ期待も高めそうだ。

■年末年始の万が一の不測事態に備え地政学リスク関連株にも保険買い

 一方、地政学リスク関連株は、北朝鮮の金正恩労働党委員長が、トランプ大統領にクリスマスプレゼントを強要するなど、米国・北朝鮮の非核化交渉がトランプ政権に唯一残る不透明材料として潜在しており、万が一の暴発、不測事態を懸念する保険買いが続いている。防護服のアゼアス<3161>(東2)、発煙筒の細谷火工<4274>(JQS)、小銃の豊和工業<6203>(東1)、機雷の石川製作所<6208>(東1)、防衛機器の東京計器<7721>(東1)などが定番銘柄であり、年末年始の冷や水トラブルに備えたい。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】「掉尾の一振」は1日限定か?それとも第2・第3ラウンドがあるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る