ピックルスコーポレーションの株価は、好業績を反映し日々上場来高値を更新

■株価は最高値圏で推移しているものの株価指標に割高感はない

 ピックルスコーポレーション<2925>(JQS)の株価は、好業績を反映し日々上場来高値を更新する勢いである。28日の株価も、27日の1333円を超える1369円と上場来高値を更新。

 株価は最高値圏で推移しているものの株価指標は、PER(予想)10.71倍、PBR0.92倍、配当利回り1.16%と割高感はないことから、右肩上がりのトレンドが予想される。

 今期16年2月期連結業績予想は、売上高281億50百万円(前期比5.0%増)、営業利益12億07百万円(同14.3%増)、経常利益12億43百万円(同13.2%増)、純利益7億01百万円(同39.3%増)と最高益更新を見込んでいる。

 同社が属する漬物業界の市場規模は約3400億円である。同社は、業界2位の東海漬物(売上高168億円)、3位の秋本食品(同108億円)を大きく引き離すリーディングカンパニーである。しかし、他業界では、トップ企業が市場シェア20%以上を確保していることに比べると、同社の市場全体のシェアは7.3%と低いことから、今後の市場シェア拡大が予想される。同社としては、早々に10%達成を目指している。

 今期の設備投資計画については、排水処理設備、設備更新の費用として8億05百万円を見込んでいる。14年2月期13億77百万円、15年2月期10億15百万円と過去2期連続でピックルス関西・広島工場、ピックルス札幌・新工場を建設したことで、大型の設備投資は一巡し、現在のところ、次の大型の設備投資計画は見当たらない。

 前期に筆頭株主であった東海漬物から、2回に分けて、自社株式を合計170万株取得したことから、東海漬物は「親会社」から「その他の関係会社」となったため、同社としては、自由な経営が出来る環境となっている。

 原料である、野菜価格が気になるものの株価の水準訂正が続きそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    3.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る