ファンデリーの第3四半期決算は新工場の投資増額などで減益だったが3月通期の予想は増収増益を継続

■おせち料理の拡大などで利用者1件あたりの購入単価が上昇

 ファンデリー<3137>(東マ)が1月31日に発表した2020年3月期の第3四半期決算(2019年4~12月累計、非連結)は、総収入の8割強を占める健康食宅配事業(MFD:メディカルフードデリバリー事業)の会員数増加などにより、売上高は前年同期比0.2%増加して25.56億円となった。

 一方、利益面では、物流費の増加や建設中の新工場にかかわる投資額の増額などにより、営業利益は同19.3%減の4.38億円となり、四半期純利益は同19.8%減の2.77億円となった。

 ただ、今期は、おせち料理の拡大とともに利用者1件あたりの購入単価が上昇していること、第4四半期には新工場の稼働が予定され、コスト削減効果が出始めること、などがある。通期・20年3月期の業績予想は、売上げ高を48.02億円(前期比41.5%の増加)、営業利益を9.34億円(同31.0%の増加)、純利益を5.01億円(同13.5%の増加)とし、全体に従来の予想を据え置いた。

■「栄養士おまかせ定期便」への移行を積極的に推進

 同社は、一般的な食事宅配事業とは一線を画し、食事コントロールの必要な人や病気治療中の人々などを対象に、管理栄養士・栄養士が食事制限の状態や嗜好などに合わせてメニューを調整した食事を提供している。

 この第3四半期累計期間は、糖尿病、高血圧など、食事療法を必要とされる人に向けた新商品を積極的に開発し、利用者の疾病、制限数値、嗜好に合わせて食事を選び定期購入できるサービス「栄養士おまかせ定期便」への移行を推進すべく積極的に注力した。年末には、管理栄養士・栄養士による食事相談サポート付きの「私のおせち」が順調に推移した。MFD事業の売上高は前年同期比3.2%増加した。
 
 19年12月に新工場の建設投資額を変更し、より高い品質および生産性を追求する目的で、設備にかかる費用を25億円から28億円(各上限)に拡大した。

 もう一つの事業セグメントであるマーケティング事業は、健康食通販カタログ「ミールタイム」「ミールタイム ファーマ」の2誌による広告枠の販売、また、紹介ネットワークを活用した業務受託などを行い、このセグメントの売上高は同21.5%減だった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る