【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など

銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
特集

 新型肺炎は、2002年のSARSでは、最初の感染発生が2002年11月、中国政府が、WHOに報告したのが2003年2月と遅れ、WHOが、SARS封じ込め成功を発表したのが2003年7月で、発生から収束まで8カ月から5カ月の時間を要した。この最悪ケースを当てはめ、今回の新型肺炎が、パンデミックとして長引けば東京オリンピックの開催期間まで及ぶことになる。

 ネットで流れたといわれる開催中止は、フェイクニュースに違いないが、WHOとIOC(国際オリンピック委員会)が意見交換をしたと伝えられたのは当然だろう。各国代表選手団・スタッフの出場辞退、観戦チケットの購入者の権利放棄により無観客試合などを回避するためにも、万全の防疫体制の構築が望まれることになる。東京オリンピック関連のテレワークに新型肺炎対応のテレワークが上乗せとなれば、関連株のビジネスチャンスは大きく膨らむ。第2、第3のテレワーク関連株にアプローチして、2月相場の「マン・オブ・ザ・マッチ」を掘り当てたい。

■アセンテックの再動意を含めテレビ会議関連株からアプローチして深掘り

 「マン・オブ・ザ・マッチ」の第1番の候補株は、アセンテックと並んで仮想デスクトップ・テレビ会議システム関連株が浮上する。NECネッツエスアイ<1973>(東1)テリロジー<3356>(JQS)ブイキューブ<3681>(東1)インターネットイニシアティブ<3774>(東1)テラスカイ<3915>(東1)SBテクノロジー<4726>(東1)などと続く。

 また認証システムのソリトンシステムズ<3040>(東1)、スマホ端末管理サービスのオプティム<3694>(東1)、クラウド関連のクラウドワークス<3900>(東マ)エイトレッド<3969>(東1)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)関連のTDCソフト<4687>(東1)ベイカレント・コンサルティング<6532>(東1)RPAホールディングス<6572>(東1)タイムカードのアマノ<6436>(東1)、グループウェアのサイボウズ<4776>(東1)、ホームセキュリティのホーチキ<6745>(東1)なども外せず、深掘りしたい。

■周辺銘柄のサテライスオフィス関連株など幅広く小型株妙味

 周辺銘柄ではサテライスオフィス・レンタルオフィス関連のギグワークス<2375>(東2)、ティーケーピー<TKP、3479>(東マ)ソーシャルワイヤー<3929>(東マ)、オフィス空間デザインのコスモスイニシア<8844>(JQS)乃村工藝社<9716>(東1)丹青社<9743>(東1)、オフィス家具のコマニー<7945>(東1)小松ウオール工業<7949>(東1)イトーキ<7972>(東1)コクヨ<7984>(東1)オカムラ<7994>(東1)内田洋行<8057>(東1)、ネットワーク構築のコムシスホールディングス<1721>(東1)都築電気<8157>(東2)なども幅広く関連株人気を高めよう。

 いずれも小型株で割安放置となっている銘柄の少なくなく、値幅効果を発揮しよう。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】2月相場で活躍に貢献する銘柄「マン・オブ・ザ・マッチ」候補とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る