アンビスホールディングスの第1四半期は概ね計画を上回って推移

■全国で23施設目となる茨城県水戸市に「医心館 水戸」をオープン

 アンビスホールディングス<7071>(JQS)の第1四半期は、医心館の稼働率・収益率は、既存の施設・新規に開設した施設とも概ね計画を上回って推移している。

 「医心館」は、地域医療の強化・再生を目指す事業ミッションに基づき、慢性期・終末期の看護・介護ケアに特化した医療施設型ホスピスとして運営され、医療依存度の高い高齢者の受け皿となっている。少子高齢化社会でこのニーズは高まっており、同社も同ホームの積極的な開設で社会貢献をしている。19年7月の山形での開設に続いて8月、9月、10月と開設が加速、11月には「医心館 北上」(岩手県北上市)を開設、20年2月1日に全国で23施設目となる茨城県水戸市に「医心館 水戸」(50床)をオープンしたことで、全体で966床となった。このあとも、4月に宮城県仙台市、青森県八戸市で出店を予定しており、開設ラッシュとなる。

 13日に発表された20年9月期第1四半期連結業績は、売上高19億66百万円、営業利益4億88百万円、経常利益4億64百万円、純利益3億27百万円となった。前期の第1四半期は四半期連結財務表を作成していないため、前年同期との比較はできない。

 そこで、通期連結業績予想に対する進捗率を調べると、売上高23.4%、営業利益32.5%、経常利益33.4%、純利益32.6%となっていることから、計画を上回るペースで推移していると思われる。

 今後の出店決定にあたっては、将来の経営環境変化に備え、医心館の土地・建物所有者との長期賃貸借契約リスクの低減や金融機関からの借入利子の抑制等にも十分な注意を払うとしている。

 ちなみに、20年9月期連結業績予想は、売上高83億86百万円(前期比56.2%増)、営業利益15億円(同64.9%増)、経常利益13億90百万円(同60.2%増)、純利益10億03百万円(同66.4%増)と大幅増収増益を見込む。

 好業績が予想されることもあり、配当は12円(前期6円)と6円増配を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る