キュービーネットHDの第2四半期は増収効果を発揮し営業利益43%増加

■19年2月の値上げ後も好調続き既存店売上高8.2%増加

 キュービーネットホールディングス(キュービーネットHD)<6571>(東1)の2020年6月期・第2四半期連結決算(2019年7~12月・累計、IFRS基準)は、売上高に相当する売上収益が前年同期比10.1%増の111.11億円となった。19年2月から国内店舗のヘアカット料金単価を1080円から1200円に改定したことなどによる効果がフルに発揮される形になった。

 既存店の売上高は期中平均で前年同期比8.2%増加。料金値上げによる収益は、従業員の待遇改善、人員拡充や研修費用、サービス向上策などに充て、営業利益は同43.0%増の12.14億円となり、親会社の所有者に帰属する四半期利益は同30.7%増の7.61億円となった。

 新型コロナウィルス肺炎の影響については、「売上高を見る限りでは直近まで大きな影響は出ていない」(北野泰男社長)が、推移を注意深く見守り素早い対応を講じるとした。


■下期の業績は値上げ後の比較のため増加率は小さいが通期で最高更新へ

 第2四半期累計期間の店舗数は、国内の「QBハウス」で12店舗を新規オープンしたほか、台湾、香港、シンガポール、米国での出店をを合わせて23店舗出店し、駅ビルの改修等により11店舗を閉店、期末で合計706店舗となった。また、7月に国内5ヵ所目の研修施設となる仙台校(宮城県)を開校した。

 下期(20年1~6月)の新規出店は、国内の「QBハウス」で13店舗を予定し、今年度では25店舗を計画する。スタイリッシュブランドの「FaSS」は下期に新規1店舗の出店を計画する。香港では年間4店舗の新規オープンを計画し、上期に3店舗出店済み。台湾では年間3店舗の新規出店を計画し、上期に1店舗出店済み。米国では年間2店舗、下期の新規出店を計画している。今期末の合計店舗数は724店舗(うち海外137店舗)とする計画だ。

 また、下期の業績数字については、6ヵ月間のうち5ヵ月間が料金値上げ後の比較になるため、伸び率が低くなる。また、新型コロナウィルス肺炎の影響について見通しが困難な面がある。

 こうした要因により、6月通期の連結業績見通しは、全体に従来予想を据え置き、売上収益は223.42億円(前期比7.1%の増加)、営業利益は22.0億円(同11.7%の増加)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は14.03億円(同10.3%の増加)、予想1株利益は112円42銭、とした。売上収益、各利益とも連続で最高を更新することになる。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る