【特集】増配をダブル発表の一番手銘柄は低PER放置で配当利回り4%超も

日本インタビュ新聞社

特集 分散型銘柄の一番手候補株は、業績の上方修正と増配とをダブルに発表した銘柄で、手集計で漏れがあるかもしれないが、24銘柄を数える。コード番号順にあげるとタマホーム<1419>(東1)フジテック<6406>(東1)オーテック<1736>(JQS)錢高組<1811>(東1)日特建設<1929>(東1)オーウイル<3143>(東2)宮地エンジニアリンググループ<3431>(東1)レンゴー<3941>(東1)レッグス<4286>(東1)那須電機鉄工<5922>(東2)エクストリーム<6033>(東マ)FUJI<6134>(東1)野村マイクロ・サイエンス<6254>(JQS)レイズネクスト<6379>(東1)MCJ<6670>(東2)ホシデン<6804>(東1)山一電機<6941>(東1)リード<6982>(東2)サンフロンティア不動産<8934>(東1)東京放送ホールディングス<9401>(東1)クロップス<9428>(東1)ベルパーク<9441>(東1)セレスポ<9625>(JQS)NCS&A<9709>(東2)となる。

このうちオーテックは、防疫関連株人気も波及して上場来高値を更新したばかりだが、PERはなお9倍台と市場平均以下の評価にとどまり、日特建設と宮地エンジの配当利回りは、それぞれ4%台に乗せる。

■業績を2回上方修正の二番手・三番手株も浮上、上場来高値更新もなお割り負け

二番手・三番手候補株は、ザッと54銘柄に及ぶ。このうちまず業績を2回以上上方修正した銘柄が浮上し、石油資源開発<1662>(東1)東急建設<1720>(東1)ピーエス三菱<1871>(東1)日本ドライケミカル<1909>(東1)太平電業<1968>(東1)ダイワボウホールディングス<3107>(東1)アミューズ<4301>(東1)三桜工業<6584>(東1)オルガノ<6368>(東1)が該当する。オルガノは、中間決算を含めると3回も業績を上方修正し上場来高値水準にあるが、PERはなお12倍台である。

日本パレットプール<4690>(JQS)も、今期業績を2回上方修正し上場来高値まで買い進まれており、同様に上場来高値水準に位置するオーテック、タマホーム、櫻護謨<5189>(東2)ビケンテクノ<9791>(東2)も勢いを買いたい。このほか素材関連や問題含みで低位値ごろ妙味のある東京窯業<5363>(東1)千代田化工建設<6366>(東2)スルガ銀行<8358>(東1)もマークしておくところだろう。

【関連記事情報】
【どう見るこの相場】防疫関連株がベースロード銘柄なら敢えて割安な上方修正銘柄に分散型電源対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る