ネオジャパンが働く人の健康管理を支援する『健康サポートプラス』を大塚製薬と共同開発

新製品&新技術NOW

■ユーザー数400万人超の「デスクネッツ ネオ」で2月26日提供開始

 ネオジャパン<3921>(東1)は2月26日、大塚製薬(東京都千代田区)との共同プロジェクトとして、ワークライフバランスや働き方改革の前提となる「健康経営」(NPO法人健康経営研究会が掲げる登録ロゴ)の推進に向けて協働し、働く人の健康管理を支援するITサービス『健康サポートプラス』の提供を同日から開始すると発表した。

■「健康経営」の観点から働く人の健康管理をITで支援

 『健康サポートプラス』は、「健康経営」に積極的に取り組む大塚製薬の知見を応用して作成し、ユーザー数400万人を超えるネオジャパンのグループウェア「desknet’s NEO」の「健康サポート」機能で運用するサービス。大塚製薬が培ってきたノウハウを活かして共同開発した。

■日常的に使うグループウェアで利用でき「健康」の習慣化が可能に

 従業員の健康支援は、ともすると「十分な対策が講じられない」「成果が出ない」といった状況に陥りがちだが、『健康サポートプラス』は、メールやスケジュール管理、ワークフロー、勤怠管理など従業員が日常的に使う「desknet’s NEO」の諸機能と同じ環境で利用できるため継続しやすく、健康増進の習慣化が可能になった。
 
 たとえば、新機能の一例としては、労働生産性に及ぼす影響の大きい睡眠習慣の改善を支援する「睡眠改善プログラム」が運用できるようになった。

 約1ヵ月間のプログラム終了時に、結果を2種類のレポートに集約してフィードバックする。個人向けレポートは参加者のヘルスリテラシー向上と生活習慣改善に、経営者向けレポートは従業員の健康状態の把握や労働環境・経営の改善に活かすことができる。また、各レポートに掲載される、生活習慣良質化に役立つアドバイスや労働と健康をテーマにした情報等が、健康経営を後押しする。

■「desknet’s NEO」は415万ユーザーに磨かれてきたグループウェア

 「desknet’s NEO」は、組織の情報共有とコミュニケーションの改善、業務効率化に役立つ27のアプリケーションを標準搭載したグループウェア。オンライン会議が行える「ウェブ会議」をはじめとしたオプションやソリューション連携も豊富で、中小・大企業から官公庁まで、あらゆる業種・規模の組織や企業が活用している。「現場主義」をコンセプトに累計415万ユーザー(2020年1月現在)と向き合い、「使いやすさ」と「機能性の高さ」を磨いてきた。

■大塚製薬は組織人の疾病予防や健康維持・増進に活動と実績

 一方、大塚製薬は、革新的な製品を創造するという企業理念の実現には、社員一人ひとりが健康に生き生きと働けることが大切だと考え、社員自らが健康について理解し、疾病の予防や健康維持・増進に積極的に取り組めるよう、健康セミナーや運動プログラムの提供など多様な活動を行っている。さらには、医療関連事業などで得られたノウハウをもとに、自社のみならず、他企業の健康経営をサポートしている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る