【編集長の視点】エディアは続落も大人気ゲームの海外展開などをテコに逆行高期待が底流

編集長の視点

 エディア<3935>(東マ)は、前日26日に20円安の611円と3営業日続落して引けた。新型肺炎の感染拡大で世界同時株安が続いていることから、同社株にもリスクオフの売り物が続いた。ただ、この日の前場安値595円は下ヒゲでつけ、大引けでは600円台をキープしており下値抵抗力も示した。マーケットで、新型肺炎感染を避ける外出自粛で巣ごもり消費が拡大するとしてゲーム関連株人気が高まりつつあるほか、同社が、今年2月17日から開始した大人気のオンラインゲーム『アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちな僕~』のスピンオフ版の海外展開を見直し、業績寄与を期待して下値買いが交錯した。その業績も、今2020年2月期第3四半期(2019年3月~11月期、3Q)の売り上げが、前年同期より34.6%増と大きく伸びたこともフォローしている。

――――海外展開で新収益基盤を構築し新事業の漫画動画事業も上乗せ――――

 『アイドルうぉーず』は、2015年7月からサービスを開始し最大で25人対25人の定時開催方式のリアルタイムチームバトルが可能なオンラインゲームで、2019年6月に累計登録者が160万人を突破するなどブレークした。この海外展開の第1弾としてスピンオフ版のアドベンチャーゲーム『Kirakira stars idol project AI』をSushi softがSteamで販売を開始したもので、同社にとって新たな収益基盤の構築につながる。

 同社は現在、事業構造改革の過渡期にあり、運営ゲームタイトルの選択と集中を進め、『鬼滅の刃』が大ヒットし関連グッズ販売も好調に推移したほか、新規事業の漫画動画事業を開始し漫画動画配信チャンネル「ミルコミ」を運営、すでにコミック・電子書籍売り上げがゲーム売り上げを上回っており、さらに今年1月には139タイトルのゲームソフトの知的財産権を取得した。

 一方、今年1月14日に発表した今期3Q業績は、売り上げが18億5100万円(前年同期比34.6%増)と大きく伸び、利益は構造改革負担で赤字継続となるが、コスト削減の進展で営業損失1億4800万円(前年同期は4億800万円の営業損失)、経常損失1億6400万円(同4億3200万円の経常損失)、純損失1億7500万円(同8億8100万円の純損失)と改善を示した。なお今期通期業績の予想に関しては、スマートフォンゲーム業界を取り巻く環境の変化が激しく、合理的な算定できないとして開示していない。

――――再三ストップ高の急騰特性を再発揮してまず昨年来高値調整幅の半値戻し――――

 株価は、昨年9月の漫画動画事業開始でストップ高し、同10月の今期第2四半期(2019年3月~8月期)の赤字縮小着地では3日連続のストップ高、さらに同12月の『鬼滅の刃』の「Yahoo!検索大賞2019」受賞でもストップ高するなどの急騰特性を発揮して昨年来高値968円まで買い進まれた。同高値後は、25日移動平均線を出没する高値調整を続けてきたが、新型肺炎の感染拡大による全般相場急落とともに下値を探ってきた。25日線から11%超のマイナスかい離と下げ過ぎを示唆しており、急騰特性の再発揮期待を高め、まず昨年来高値から足元の安値への調整幅の半値戻しの781円が上値目標となろう。(本紙編集長・浅妻昭治)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る