日本エンタープライズの子会社、会津ラボは「模擬DR実証実験」を完了

IR企業情報

◇電力量のベースラインに対して大きな削減量が見られた

日本エンタープライズ<4829>(東1)の子会社で、エネルギー・マネージメントシステム(EMS)開発に取組む会津ラボ(本社:福島県 会津若松市)は、エネルギー事業を展開するエナリスとともに2019年12月から行っていた「模擬DR実証実験」が完了した。

 「模擬DR実証実験」は、2019年4月に採択された「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」の一環で2019年12月から3カ月間、一般家庭でのDR(ディマンド・レスポンス)による節電効果を検証した実験。消費電力を計測する『SMART PLUG』を家庭に配布し、専用のスマートフォンアプリを通じて節電要請を行った。実際の消費電力と電力消費予測値であるベースラインとの差を節電分とみなし、節電インセンティブを付与する。土日祝日においては特に電力量のベースラインに対して大きな削減量が見られ、有効性の高さが推測される結果となった。

 会津ラボは、再生可能エネルギー普及の一助となることを目指し、福島県が実施する「再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業」に2017年から3カ年計画で参画し、「ブロックチェーンを活用した再エネ普及に向けた模擬DR実証事業」として実証実験に取り組んできた。

 現在は、コロナウイルスをいかにして収束させるかに注力しているが、コロナウイルスの問題にも勝るとも劣らないのが地球温暖化の問題である。これから2030年までの10年間に、化石燃料から再生エネルギーに切り替えないと、地球環境が一変し、人類が生き残れるか生き残れないかの分岐点であるとみなされている。そのため、再生可能エネルギーを推進することが最重要課題と言える。ところが、再生可能エネルギーの占める割合は、ドイツ46%、イギリス44%に比べて、日本は17%と極めて低い水準である。

 同社グループの取組は、この点からみても非常に重要であることから、今後も注目を浴びるものと思われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年6月
    « 5月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る