マーチャント・バンカーズが世界的な暗号資産事業グループの台湾社と提携、全世界での展開めざす

新製品&新技術NOW

■IDCM・TAIWAN福賀鳳龍股分有限公司と基本合意

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は6月29日の取引終了後、台湾のIDCM TAIWAN福賀鳳龍股分有限公司(IDCM TAIWAN)との業務提携に関する基本合意を同日付で交わしたと発表、日本、アジア、欧州など全世界で暗号資産関連業務を行うとした。

■IDCMは世界10の暗号資産交換所とアライアンスする大手

 IDCM TAIWANは、世界有数のグローバル・インベストメント・ファンドであるAlphaSquareGroupによって出資・運営されている大手暗号資産交換所運営会社IDCMグローバル・リミテッド(以下、IDCM)の台湾法人で、資本金は300千台湾ドル(約1086千円)、事業内容は暗号資産交換所運営、ブロックチェーン関連業務などを行う。

 また、IDCM社は、2017年11月にセーシェル共和国で合法的に設立された暗号資産取引プラットフォーム運営会社で、暗号通貨取引、法定通貨との交換、取引所アライアンス、STO、IEOでの資金調達支援など多種多様なサービスを展開する。世界10の暗号資産交換所とのアライアンス、100以上の暗号通貨取引ペア、登録ユーザー約100万人、日次アクティブユーザー2万人、コインマーケットキャップでの取引ランキング常時20位前後(CoinMarketCap 24時間取引ボリュームランキングより)を誇っている。

■国際展開を行うIDCM社が日本上場企業のパートナーを探し今回の提携に

 このように国際展開を行うIDCM社だが、実は日本にはまだ拠点がなく、また欧州でも同様な課題を抱えており、暗号資産関連業務を行い、暗号資産関連業務に理解のある日本の株式上場企業のパートナーを探していた。

 一方、マーチャント・バンカーズは、2018年に100%子会社として「MBKブロックチェーン株式会社」(以下「MBKB」という)を設立し、日本でブロックチェーン関連事業を推進すると共に、20年5月からエストニアの暗号資産交換所「ANGOO Fintech」の運営にかかる業務の一切(顧客管理・開拓、マーケティング、取引管理、システム管理など)を請負っておりましたが、「ANGOO Fintech」の顧客開拓、新規トークンの上場マーケティングに課題を抱えていた。

 そこで両社のニーズが一致し、お互いの強みを生かし、今後の暗号資産関連業務に関し、業務提携の基本合意をすることになった。今後、業務提携の詳細が決まり次第、適宜情報開示をしていく計画だ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る