【株式市場】日経平均は後場一段と下げ新型コロナによる企業業績への影響を改めて意識

株式

◆日経平均は2万1710円ちょうど(629円23銭安)、TOPIXは1496.06ポイント(43.41ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増勢となり16億7899万株

 7月31日(金)後場の東京株式市場は、日経平均は452円安で始まった後も次第安となった。昼頃に東京都の今日の新型コロナ感染者数が400人超と伝わり、四半期決算の発表が佳境を迎える中、経済低迷による企業業績への影響が改めて意識された。13時に未定だった通期の業績予想などを発表した清水建設<1803>(東1)が一段と下げ、13時30分に四半期決算を発表した三井物産<8031>(東)もさらにジリ安。日経平均は大引けにかけて629円23銭安(2万1710円ちょうど)までさげ、そのまま安値引け。大幅に6日続落となり、終値での2万2000円割れは6月29日以来となった。

 中で、後場は、インフォコム<4348>(東1)が四半期決算の発表を受けて一段高の場面を見せ、中国塗料<4617>(東1)は13時半の発表後に一段高。ダイトーケミックス<4366>(東2)は前場から大引けまで買い気配のままストップ高。みらいワークス<6563>(東マ)は好決算期待などで一段高の場面。

 新規上場のSun Asterisk<4053>(東マ)の初値は1209円となり公開価格を72.71%上回った。後場ストップ高の1509円まで上げ高値引け。同じく新規上場の日本情報クリエイト<4054>(東マ)の初値は2210円で公開価格を70%上回った。後場2480円まで上げ、終値は2310円だった。

 東証1部の出来高概算は増勢となり16億7899万株(前引けは7億302万株)、売買代金は2兆7815億円(同1兆2150億円)。1部上場2173銘柄のうち、値上がり銘柄数は134(前引けは195)銘柄、値下がり銘柄数は2032(同1954)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がりした。前引けは電力・ガス1業種のみ高かった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る