ケイブは機動的な欠損補てんなど好感され昨年来の高値を更新

材料でみる株価

■前期は連結赤字だが「早期に復配できる体制を確保」

 ケイブ<3760>(JQS)は8月3日、次第高となり、後場は13時過ぎに9%高の2396円(200円高)前後で推移。前場は2470円(274円高)まで上げて昨年来の高値を更新した。

 前5月期の連結決算(7月14日発表、この5月期より連結財務諸表を作成)は各利益とも赤字だったが、株価は発表の前後を境に出直り始め、高値を更新してきた。同29日付では、資本金及び資本準備金の減少を発表。「今後の柔軟かつ機動的な資本政策や早期に復配できる体制を確保するため」(発表リリースより)、利益準備金などの取り崩しと合わせて欠損の補てんに充当するとした。この欠損補てんは勘定の振替処理にて行うため、株主の所有株数に影響を与えるものではないとし、安心感があるようだ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る