ソニーの第1四半期決算は営業利益1%減にとどまり純利益は53%増加

■自社株買いも発表、未定だった通期予想は純利益12%減を見込む

 ソニー<6758>(東1)は8月4日の取引終了後、第1四半期連結決算(2020年4~6月、米国基準)と未定だった21年3月期・通期の連結業績予想、および自己株式の取得(自社株買い)を発表した。

 第1四半期の連結決算は、売上高および営業収入が前年同期比2.2%増の1兆9689.19億円で、営業利益は同1.1%減の2283.95億円、当社株主に帰属する四半期純利益は同53.3%増の2332.51億円だった。

■アジア地域の自社工場6ヵ所は稼働を再開

 新型コロナウイルス流行による影響については、中国などアジア地域の6つの自社工場で2020年1月から4月にかけて稼働を停止していた時期があったが、現時点では稼働を再開しており、その水準も感染拡大前の水準に戻った。また、英ウェールズの自社工場は、3月26日から稼働を停止していたが、3月31日から再開し、その水準は感染拡大前に戻りつつある。

 プレイステーション4のハードウェア生産に関して部品のサプライチェーン上の問題により、生産に若干の影響が出ていたが、現時点では問題は解消された。イメージセンサーの国内の各製造事業所は、現時点で大きな影響を受けておらず、通常どおり稼働している。ただ、スマートフォン市場の動向を受け売り上げは減っているとした。

 今期・21年3月期の連結業績予想は、売上高および営業収入が8兆3000億円(前期比0.5%増)、営業利益が6200億円(同26.7%減)、純利益は同12.4%減の5100億円。為替前提は、第2四半期以降の前提として1ドル107円前後、1ユーロ120円前後とした。

 為替と業績の相関については、同社の場合、対ドルでは円高のほうがトータルでプラスに働き、対ユーロでは円安がプラスになる傾向があるようだ。

■自社株買いの上限は発行株数の1.64%または総額1000億円

 4日発表した自己株式の取得(自社株買い)は、普通株式2000万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.64%)または取得総額1000億円を上限に、2020年8月5日から21年3月31日まで、市場買付方式により実施する。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る