日清オイリオGの第1四半期はホームユース商品など伸び経常利益27%増加

(決算速報)

日清オイリオグループ(日清オイリオG)<2602>(東1)の2021年3月期・第1四半期連結決算(2020年4~6月)は、新型コロナウイルス流行にともない、ざっくり見ると、業務用への影響は大きかったが、ホームユース商品は外出自粛や在宅勤務の広がりを受けて販売が伸びる構図になった。

■新型コロナは業務用への影響大きいが高付加価値品中心に拡大

 売上高は前年同期比4.3%減の810.59億円となったが、高付加価値品の拡販やコストに見合った適正価格の維持などに努め、経常利益は同27.1%増の48.90億円、親会社株主に帰属する四半期純利益は同37.4%増の33.78億円となった。

■感染症に伴いアルコール製剤も拡大

 ホームユース商品では、特にごま油、オリーブオイルが伸びたほか、「日清ドレッシングダイエット」などドレッシングの主力商品の販売が増加し、ウェルネス食品についても、MCT(中鎖脂肪酸)関連商品の販売が引き続き堅調に推移した。

 また、ファインケミカル事業では、化粧品原料が減収減益となった一方、子会社セッツ(株)でアルコール製剤の販売が拡大。セグメント全体としては売上高、営業利益ともに前年同期を上回った。

 3月通期の連結業績予想は、期初から新型コロナウイルス感染症に伴う国内外での消費低迷の影響が年間にわたり続く前提としており、5月に発表した数値を変更しなかった。売上高は前期比4.0%減の3200億円、経常利益は同14.5%減の108億円、親会社株主に帰属する純利益は同13.2%減の72億円、予想1株利益は215円87銭。

 6日の株価終値は3230円(10円安)。3月末から4月初にかけて大きく戻した後は一進一退となっている。第1四半期は、新型コロナの業務用への影響は予想通りだった一方、ホームユース商品の健闘と増益は予想外と受け止められる可能性があり、上値を試す展開を期待したい。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る