アイリッジが13%高、JR西日本のMaaSアプリ『WESTER』を開発支援

材料でみる株価

■JR西日本が9月24日に提供開始し注目集まる

アイリッジ<3917>(東マ)は9月25日の前場、時間とともに上げ幅を広げ、13%高の1088円(125円高)まで上げた後も1800円前後で推移した。24日付で、「JR西日本のMaaSアプリ『WESTER』を開発支援」と発表し、注目されている。

 JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)が9月24日に提供開始したMaaSアプリ「WESTER(ウェスター)」を開発支援した。

■スマホ1つでJR西日本グループのサービスが利用可能に

 「WESTER」は、移動と生活サービスを連携し、新常態(ニューノーマル)に対応した新たな価値を提供するために、スマートフォン1つでJR西日本グループのサービスが利用できることを目指したMaaSアプリ。

 アプリを通じて生活に役立つJR西日本グループのサービスを一連で提供することにより、利用者の日々の生活をサポートし、駅混雑度傾向の情報提供や、非対面で切符の購入が可能なネット予約をスムーズに利用できる機能により新常態をサポートする。

 アプリに組み込まれたアイリッジの顧客データ分析プラットフォーム「FANSHIP」により、JR西日本関連施設で利用できるクーポン配布やアプリ内アクセス分析ができるようになっており、アイリッジでは、FANSHIPを活用したアプリマーケティング支援も実施している。

 アイリッジでは、これまで多くの鉄道事業者の公式アプリを開発支援し、鉄道アプリ領域でのトップシェアを築くとともに、画像解析や業務システム開発、UI/UX支援、アプリマーケティング支援など、幅広い取り組みも行ってきた。

 今年4月からはMaaS事業推進室を新設し、MaaS領域における市場調査やMaaSアプリ企画支援、PoCの実施を積み重ねている。今後はその知見を活かし、鉄道業界のMaaS領域拡大の支援を目指していくとしている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る