ナルミヤ・インターナショナルは下値固め完了、21年2月期は後半回復期待

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 ナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)はベビー・子供服の企画販売をSPA形態で展開し、SC向けやECを強化している。21年2月期は新型コロナウイルスの影響で減収減益予想だが、後半の緩やかな回復を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。なお10月9日に21年2月期第2四半期の決算発表を予定している。

■ベビー・子供服のSPA(製造小売)

 0歳~13歳のベビー・子供服の企画販売をSPA(製造小売)形態で展開し、SC(ショッピングセンター)向けやEC(ネット通販)を強化している。19年3月に資本業務提携したワールドが第1位株主となっている。また19年3月には男児向けカジュアルウェアのハートフィールを子会社化した。

 20年2月期のチャネル別売上構成比は百貨店が27.5%、SCが41.4%、ECが18.5%、その他(アウトレット、卸売、フォトスタジオ、ライセンス販売など)が12.6%だった。SCとECの構成比が上昇基調である。20年2月期末の直営店舗数は百貨店575店舗、SC184店舗だった。また20年2月期のチャネル別売上総利益率は百貨店が51.4%、SCが60.5%、ECが53.4%だった。

 収益面では、個人消費や天候の影響を受けるとともに、商品単価の高い冬物衣料や福袋の販売、クリアランスセールなどで下期(9月~2月)の構成比が高い特性がある。

■SC向けやECを強化

 変化の激しい子供服市場におけるオンリーワン・ナンバーワンを目指し、中期成長に向けた基本方針として、収益力の向上(ブランドポートフォリオの構築、販売ポートフォリオの構築、生産・物流の効率化)、人材の育成、企業体質の強化(新市場の開拓、新カテゴリーの開発、アジアを中心とする海外市場への進出)を掲げている。

 マルチチャネル・マルチブランド戦略を基本として、市場変化に対応して販売チャネルおよびブランドのポートフォリオの最適化に留意しながら経営資源を配分する。具体的には、少子高齢化の事業環境に対して、百貨店向けの高価格帯からSC向けの中価格帯への軸足シフト、EC強化によるオムニチャネル化を推進している。また子供とその家族をターゲットとして、提供すべき価値をモノ(洋服)からコト・サービスへと拡大することで、キッズライフ企業への成長を目指すとしている。

 なお20年7月1日付けで組織変更を実施している。激変する外部環境に対してスピード感をもって順応できる事業体に変質させることを目的として、組織を社長直轄に改編するとともに、EC部門の分析・戦略立案機能を強化している。また経理部内にIR部門を新設している。

■21年2月期減収減益予想だが後半回復期待

 21年2月期の連結業績予想(期初時点では未定、7月16日に公表)は、売上高が20年2月期比6.6%減の307億76百万円、営業利益が72.8%減の4億52百万円、経常利益が73.3%減の4億33百万円、純利益が89.3%減の1億06百万円としている。新型コロナウイルスの影響で減収・大幅減益予想としている。配当予想は未定としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比40.1%減の46億24百万円、営業利益が4億35百万円の赤字(前年同期は5億54百万円の黒字)、経常利益が4億19百万円の赤字(同5億40百万円の黒字)、純利益が4億52百万円の赤字(同3億32百万円の黒字)だった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、店舗臨時休業・営業時間短縮を実施した影響で大幅減収・赤字となった。なお特別損失に臨時休業による損失4億64百万円を計上した。

 上期に新型コロナウイルスの影響が直撃したため、通期ベースでも減収減益が避けられないが、ECを中心とした収益力の高い事業への経営資源集中、SCへの新規出店を推進する方針だ。後半の緩やかな回復を期待したい。

 なお月次売上(単体ベースの前年比速報値)によると、3~8月累計(上期)は全店77.7%、既存店76.7%だった。四半期別に見ると、店舗臨時休業・営業時間短縮を実施した3~5月(第1四半期)は全店58.3%、既存店57.0%だったが、営業再開後の6~8月(第2四半期)は全店97.3%、既存店87,4%と回復基調である。チャンネル別ではECが好調だ。

 店舗展開は百貨店チャネルの構造改革に伴って8月に百貨店146店舗退店し、第2四半期末時点の合計店舗数は652店舗(第2四半期累計ベースでは新規出店20店舗、退店151店舗)となった。

■株主優待は毎年2月末の株主対象

 株主優待制度は、毎年2月末現在の1単元(100株)以上保有株主を対象に、保有株式数に応じて10%ディスカウント券を贈呈(詳細は会社HP参照)する。

■株価は下値固め完了

 株価は反発力の鈍い展開だが下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。9月25日の終値は584円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS10円53銭で算出)は約55倍、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS428円24銭で算出)は約1.4倍、時価総額は約59億円である。(日本インタビュ新聞社アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る