LibWorkが内田洋行とのコラボで「イエナカxオフィス」商品化プロジェクトを10月開始

新製品&新技術NOW

■家であっても仕事をしたくなる快適なIoT型ワークスペース商品

Lib Work(リブワーク)<4776>(東マ)は9月28日午前、内田洋行<8057>(東1)とのコラボレーションを発表し、ウィズコロナ・アフターコロナ時代における人々のライフスタイルの変化とそのニーズに対応するため、「イエナカxオフィス」商品化プロジェクトを立ち上げ、10月10日から関連商材の販売を開始するとした。

■在宅勤務を続けたい人の割合は週4日在宅型で91.8%に

 「イエナカxオフィス」には、家という私的空間に、オフィスという公的スペースを掛け合わせることにより、シナジー効果を生み出したいという想いを込めている。通勤ストレス、感染リスクを削減し、公私の時間を効果的に使う工夫など、新しい働き方を提案することを目的に、家であっても思わず仕事をしたくなるような快適性とプライベート性を重視したIoT型ワークスペース商品を開発する。

■在宅は「椅子」「姿勢」(高さ/目線)や「集中できる環境」(視線/距離)などに問題が

 国土交通省が2020年3月31日に発表した「テレワーク人口実態調査」によると、新型コロナウイルス感染症対策の一環として在宅勤務を実施した人の割合は52%、在宅勤務の指示・推奨が勤務先からあった人の割合は67%となっている。

 また、同調査で、在宅勤務を実施した人に対し、在宅勤務おける問題点の有無を質問したところ、「自宅に仕事に専念できる物理的環境(個室・間仕切りによるスペースや机・椅子)などがなく、仕事に集中できなかった」という回答がありました。

 7月には、一般社団法人・日本オフィス家具協会が、「新型コロナウイルスの影響による在宅勤務の実態とこれからのオフィスについての調査」を行ったところ、新型コロナウイルスが終息した後も在宅勤務を継続したいという回答が60%を超えた。中でも、在宅勤務の頻度が多かった人ほどテレワーク希望が強く、在宅勤務が週5日以上で90.8%、週4日では91.8%となった。

 在宅勤務をした場所についての調査では、主にリビング(ダイニングテーブル)か個室という回答が多く、その環境評価として、「椅子の適切さ」「姿勢(高さ/目線)の適切さ」「集中できる環境(視線/距離)の確保」に多少問題を抱いたという回答が上位に来た。(有効回答数:20歳から69歳までの男性1606名、女性546名)。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る