ケイアイスター不動産がモデルハウスに家具の「サブスク」サービスを導入、常に新しいインテリアで多様なコンセプトを提案可能に

材料でみる株価

■二階建てに比べ割高なイメージを打破した新平屋住宅「IKI」で開始

ケイアイスター不動産<3465>(東1)は10月14日、今年8月にオープンした規格型ひら家専門店「IKI(イキ:粋)」の高崎展示場(群馬県)に、株式会社subsclife(渋谷区、サブスクライフ)が提供する家具のサブスクリプションサービスを同社のモデルハウスとして初めて導入した。

 一般的に、モデルハウスでは購入した家具を使用しているが、その場合、長期間同じインテリアを展示するため、イメージが固定されがちになる。この点で、家具のサブスクリプションサービスによって定期的にインテリアを変更できることから、提案する全プランのインテリアを展示する事が可能となった。

■多様な家族形態に対応できる全プランを展示可能に

 「IKI」は、平屋住宅が二階建てと比べて割高というイメージを打破し、間取りブロック方式で自在に間取りを変更できる規格型として効率化、低コスト化を追求した住宅で、価格は17坪(約56.2㎡)590万円から。

 テレワークに適した住環境を求める人やシングルマザー世帯、単身世帯、高齢者ご夫婦の世帯など、多様な家族形態に対応できるコンセプトで、多様化する住宅購入者のニーズに対応できる新しい住宅として注目されている。

■定期的にインテリアを変更でき、全プランのインテリアを展示する事が可能に

 「IKI」では、それぞれのライフスタイルに合わせ、「いなせプラン」、「通(つう)プラン」、「洒落プラン」を提案している。サブスクライフの家具のサブスクリプションサービスによって、定期的にインテリアを変更できるため、こうした全プランのインテリアを展示する事が可能となった。

 また、多くのモデルハウスは、打ち合わせスペースを屋内に設けるため間取りが広くなり、実際に購入する住居に比べて面積が広くなる。これらの結果、購入者は実際の新居での生活がイメージしにくくなる懸念がある。

 同社では、より実際の生活環境に近い体験のもと、購入を検討していただきたいという考えから、2020年8月28日に発表した新商品「IKI」の高崎展示場は、間取りプランの24坪タイプをモデルハウスとして建築した。

■無人内覧システムを採用し自宅さながらの体験を提供

 さらに、内覧時に実際に生活しているような状況を体験していただけることを重視。サブスクライフの「初期費用を掛けずライフスタイルの変化に合わせて『必要なとき、必要な分だけ選ぶ』というコンセプトと、「IKI」との共通点が多いことも導入理由の一つとなった。

また、「IKI」のモデルハウスでは、非接触型内覧システムを採用している。内覧を申込むと、立ち合いスタッフのいない環境で、気兼ねなく「IKI」での生活を疑似体験することができる。

 ケイアイスター不動産では、今後もお客様に寄り添った様々なサービスを採用し、多様化する住宅購入者のニーズに対応できる新しいモデルハウスの運用方法を進めていくとしている。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る