ケイアイスター不動産が19回目の無担保社債を発行、分譲事業の成長資金に充当

IR企業情報

■コロナ禍でも財務一段と堅固になり資金に余裕

ケイアイスター不動産<3465>(東1)は10月16日、第19回無担保社債(社債間限定同順位特約付・適格機関投資家限定、社債総額30億円)の発行を発表した。年限(発行期間)は2年。調達した資金は、同社のメイン事業である分譲事業の成長資金に充当する。

■戦略事業の平屋規格型住宅やモデルルーム無人接客など本格化

 財務代理人・発行代理人・支払代理人はみずほFG<8411>(東1)のみずほ銀行、私募取扱人は大和証券G本社<8601>(東1)の大和証券。

 コロナ禍を受け、資金に余裕をもたせたくてもかなわない企業が出ている中で、同社は19回目の無担保社債による資金調達を実現した。9月初には、足利銀行との間で借入極度額20億円のコミットメントライン契約の締結を決議したと発表しており、財務面で一段と堅固な「総構え」を築く形になった。

 同社は、この8月、生活スタイルの変化などに対応する新戦略商品として、平屋の住宅を新ブランド「IKI」(イキ:粋)として発売開始した。二階建て住宅と比べて割高というイメージがある平屋住宅を、規格型の注文住宅として「シンプル+スマート+効率的+低コスト」化し、17坪(約56.2㎡)で590万円からという価格を実現した。

 また、モデルルームには無人・遠隔接客サービスを導入した。住宅業界の常識を打破する施策を今後も続々展開する用意があるとしているため、無担保社債による成長資金の調達により、引き続き注目を強めておきたいところだ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る