ファーストコーポレーションが東京理科大学認定のサイエンス構造と建築構造物の「新構造システム」に関する特許・実用新案を共同出願

新製品&新技術NOW

■コストマネジメントに優れた施工の実現が期待

 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は16日、学校法人東京理科大学(東京都新宿区)の認定ベンチャー企業であるサイエンス構造(東京都新宿区)と、建築構造物の「新構造システム」に関する特許及び実用新案を共同出願したと発表した。

 同社は、東京理科大学の協力を得て、「超高層タワー免震の新構造システム」、「新構造システムの構造計算」及び「建築構造設計に関する実験及び解析」について、サイエンス構造と共同研究を行ってきたが、このほど新たな免震集合住宅の工法として『ジーナス(ZENAS)工法』を開発した。

 現在の鉄筋コンクリート構造の一般的な集合住宅や超高層集合住宅では、ワイドスパンとして認識されるのは一般的に7メートル以上であるが、『ジーナス(ZENAS)工法』では、柱間をワイドスパン或いはそれ以上の大スパン(例:12メートル~14メートル、及びそれを連接する24メートル~)とした加工構造による基準構造ブロックを連接した構造とすることにより、敷地形状や方位に応じた換気・環境・採光に優れた安全・安心な免震集合住宅を、容易かつバリエーション豊富に設計することが可能となる。

 また、『ジーナス(ZENAS)工法』は、従来の工法と比較してコンクリート型枠の使用量を削減できるため、地球環境にも優しい工法となっている。

 これにより、コストマネジメントに優れた施工の実現が期待できると考え、このたび、それぞれの研究成果を一つにまとめ、「コストパフォーマンスや安全性向上を目指した建築構造物に関する発明」の特許及び同発明に基づき考案された実用新案を共同出願した。

 なお、同件については、東京理科大学の協力を得て、実物大の建物の一部を再現のうえ、1年程度の期間で『ジーナス(ZENAS)工法』の実証実験を行う予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る