プロパティエージェントは上値試す、21年3月期再上振れ期待

株式市場 銘柄

プロパティエージェント<3464>(東1)は不動産開発販売事業やプロパティマネジメント事業を展開している。21年3月期の営業利益はレンジ(16.0%減益~5.1%増益)予想としている。第1四半期が順調であり、通期再上振れ期待が高まる。株価は急伸して年初来高値を更新した。その後は利益確定売りが優勢になったが、調整一巡して反発の動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。

■不動産開発販売やプロパティマネジメントを展開

 自社ブランド「クレイシア」シリーズを中心として資産運用型投資用マンションなどの開発・販売を行う不動産開発販売事業、賃貸管理・賃貸仲介・建物管理サービスを提供するプロパティマネジメント事業、および不動産クラウドファンディング事業を展開している。

 20年8月には不動産開発販売事業の一部として、ノンアセット事業となる新事業の中古収益不動産マッチング事業「スマートセカンド」を立ち上げると発表した。当該事業で売上高300億円~400億円規模を目指す。20年9月には、集合住宅全体に子会社DXYZの顔認証システム「FreeiD」を導入すると発表した。なお出資先のタスキ<2987>が東証マザーズに新規上場した。

■21年3月期再上振れ期待

 21年3月期の連結業績予想(8月6日にレンジ下限値を上方修正)は、売上高が229億円~247億円(20年3月期比1.0%増~8.9%増)、営業利益が16億円~20億円(16.0%減~5.1%増)、経常利益が12億50百万円~16億50百万円(19.1%減~6.8%増)、純利益が7億70百万円~10億10百万円(19.3%減~5.8%増)としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比21.9%増の58億01百万円、営業利益が54.6%増の5億04百万円だった。不動産開発販売事業が牽引し、想定していた最低シナリオから上振れて着地したため、通期予想の下限値を上方修正した。第1四半期が順調であり、通期再上振れ期待が高まる。

■株価は上値試す

 株価は急伸して年初来高値を更新した。その後は利益確定売りが優勢になったが、調整一巡して反発の動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。10月20日の終値は1480円、時価総額は約107億円である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る