【話題】売買最終日の後場、2万7000円のコール12月物が一時2.5倍に急騰

話題

■2万円だったのが一時5万円に、ソフトバンクG高く期待再燃

 12月10日は先物、オプション各12月物の売買最終日だった。オプション市場で、行使価格2万7000円のコール12月物は、前場20円前後で小動きの推移だったが、後場は、日経平均の回復とともに日経平均が2万7000円に乗る期待がよみがえり、一時50円まで急伸する場面があった。「1単元」でみると2万円前後だったのが一時5万円になった。

■日経平均2万7000円乗せ期待よみがえるが時間切れも迫る

 この日の日経平均は、前場177円96銭安(2万6639円98銭)まで下げて終始軟調に推移し、後場も105円安で始まった。だが、影響度の大きいソフトバンクG<9984>(東1)が一段高となり、一時は日経平均を200円押し上げる値上がりを見せたという。これを受けて日経平均も14時前には前日比で高くなり、一時34円83銭高(2万6852円77銭)まで上げる場面があった。

■あとは11日算出のSQにゲタを預けることに

 2万7000円のコール12月物は、これを受けて後場急騰したわけだが、結局、大引けは24円だった。このコールは日経平均が2万7000円に乗らないと価値を生まない。このため、いっときは乗る期待が盛り上がったものの、売買できるのは15時10分まで。大引けにかけては再び沈滞ムードが漂う形になった。50円をつけたのは一瞬の出来事だったという。

 あとは、11日に算出されるSQ(特別清算指数:先物の最終清算値段、オプションの権利行使価格)にゲタを預ける形になり、SQが2万7000円以上になれば差額が利益になる。半面、2万7000円に乗らないと紙クズになる。大引けで24円という値段がついたのは、このSQに賭ける買いがあったことになる。

■売買最終、紙クズを避け少しでも高い値段で「生還」させたい

 ソフトバンクGが後場一段高となった要因としては、出資先の米国企業ドアダッシュが米国時間の9日に上場し、これによる含み益が100億ドル(約1兆円)を超えるとの報道が昼過ぎに伝えられたことなどが挙げられた。14時前にかけて一時8900円(1411円高)まで上げ、計算上は1銘柄で日経平均を200円強押し上げる場面があった。

 ただ、このソフトバンクGの後場一段高について、市場関係者に聞くと、「人工的な上げのニオイがした」との見方もある。売買最終日に入ったコールや先物などを少しでも高い値段で「生還」させたい投資家が、ソフトバンクG株の上げを増幅させたくなる気持ちはわからなくもないようだ。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る