【注目銘柄】テクノホライゾンは3Q決算発表を先取りし業績期待を高めて急反発

注目銘柄

 テクノホライゾン<6629>(JQS)は、前日21日に商いを伴って44円高の832円と急反発して引け、ジャスダック市場の値上がり率ランキングの第18位に躍り出た。同社株は、今年1月29日に今2021年3月期第3四半期(2020年4月~12月期、3Q)決算の発表を予定しており、今期第1四半期(2020年4月~6月期、1Q)業績が赤字拡大、第2四半期(2020年4月~9月期、2Q)業績が大幅減益と業績不安が先行したが、3Q業績が高変化し、あるいは前期3Q決算発表時の上方修正を再現すると業績期待を高めて割安株買いが再燃した。また今年1月19日に子会社が、販売代理店契約をしてプログラミングロボット「Root(ルート)」の販売を電子黒板と組み合わせて今年2月19日から開始することも、業績支援材料視されている。

■1Q赤字、2Q大幅減益も国内トップの電子黒板次第で高変化も

 同社の今3月期業績は、1Q業績が連続赤字で着地したあと、2Q累計業績も売り上げ97億5400万円(前年同期比15.1%減)、営業利益1億3800万円(同82.6%減)、経常利益8800万円(同88.3%減)、純利益3400万円(同95.5%減)と大幅減収減益転換した。電子事業では、前期に買収した子会社の寄与はあったが、価格競争の激化や工場操業度の低下が響き、光学事業では、電子黒板の納入・設置工事が後ろ倒しとなったことなどが響いた。

 この低調な四半期業績に対しても今3月期通期業績は、期初予想を据え置き売り上げ225億円(前期比0.6%増)、営業利益15億円(同3.9%増)、経常利益14億円(同1.1%増)、純利益13億円(同1.5%減)と前期計上の固定資産売却益が一巡する純利益以外は続伸を見込んでいる。この通期予想業績の達成は、後ろ倒しとなった電子黒板が、「GIGAスクール構想」の推進とともに3Q業績にどの程度寄与するか、業績自体が高変化するかがカギとなることになる。同社の電子黒板の国内シェアは4割とトップを占め、前期は3Q決算発表時に期初予想の前期通期業績を上方修正した。なお「ルート」は、教育用プログラミングロボットで電子黒板と接続可能であり、2020年度から必修となったプログラミングの小学校向けの教材として電子黒板との相乗効果が期待されている。

■今期四半期決算発表のたびにストップ安もPERは8倍と売られ過ぎ

 株価は、前期業績の上方修正で840円と買われたが、コロナ・ショック安に巻き込まれて昨年来安値435円へ売られ、全国一斉休校された学校の再開時には電子黒板人気でストップ高して底上げ、非接触の人体体温測定と顔認証の入退室管理システムも加わって昨年来高値1095円まで2.5倍化した。ただ今期1Qの赤字業績でストップ安、同じく2Q大幅減益転換業績でもストップ安し641円と調整し、足元では25日移動平均線で下値を確認してきた。3Q決算動向次第でPER8倍台の割安修正がさらに加速しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る