ジェイテックコーポレーションは反発の動き、21年6月期大幅増収増益予想

株式市場 銘柄

 ジェイテックコーポレーション<3446>(東1)は、オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業を展開する研究開発型企業である。21年6月期大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。株価は調整一巡して反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。

■オプティカル事業とライフサイエンス・機器開発事業の研究開発型企業

 放射光施設向けX線ナノ集光ミラーなどのオプティカル事業(放射光用超高精度形状ミラーの開発・製造・販売)と、自動細胞培養装置やバイオ関連自動化装置などのライフサイエンス・機器開発事業(医療・バイオ向け各種自動化システムの開発・製造・販売)を展開している。

 世界最高水準のナノ表面創成技術(加工技術・計測技術)をベースとして、公的研究機関・大学との産学連携で、ニッチトップ製品の量産化・事業化を図る研究開発型企業である。1月21日には、独自の3次元大量細胞継代培養自動化技術「J―iSS(ジス)」が、近畿経済産業局主催「関西ものづくり新撰2021」に選定されたと発表している。

 現在はオプティカル事業が収益柱(20年8月期売上構成比81%)で、ライフサイエンス・機器開発事業(同19%)を将来の成長ドライバーとして育成している。なお海外放射光施設からの受注時期の偏りで、売上が第4四半期に偏重する傾向がある。

■21年6月期大幅増収増益予想

 21年6月期業績(非連結)予想は、売上高が20年6月期比40.4%増の14億43百万円で、営業利益が2億15百万円(20年6月期は5百万円)、経常利益が2億37百万円(同34百万円)、純利益が1億63百万円(同16百万円)としている。

 第1四半期は売上高が前年同期比49.3%減の37百万円、営業利益が2億01百万円の赤字(前年同期は1億32百万円の赤字)だった。オプティカル事業の海外向け案件の売上が第4四半期に集中し、ライフサイエンス・機器開発事業の水晶振動子ウェハ加工システムの売上計上も第2四半期となるため、第1四半期は減収・赤字だったが、通期ベースでは新型コロナウイルスの影響で売上が今期にズレ込んだ案件も寄与して大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。

■株価は反発の動き

 株価(20年9月28日付で東証マザーズから東証1部へ市場変更)は、10月の昨年来高値圏から反落して上値を切り下げる形だったが、調整一巡して反発の動きを強めている。戻りを試す展開を期待したい。1月22日の終値は3830円、時価総額は約224億円である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る