JPホールディングスグループの日本保育サービスは保育園でお正月にちなんだ園行事を開催

■こどもたちに五感を伴う実体験を提供、豊かな感性を育む

 子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)グループのグループ企業である日本保育サービスが運営する保育園では、季節や文化を感じることが出来る行事を取り入れており、五感を使った様々な実体験を積み重ねることで、こどもたちの豊かな感性を高め、思考力・創造力を育む保育を実践している。12月から1月にかけては、多くの保育園でお正月にちなんだ行事が行われた。

■餅つき体験や干支の紹介を通じて興味の芽を育む

 日本保育サービスが運営するアスク下小田中保育園(神奈川県川崎市)では、2020年12月18日(金)に保育園行事の一環として、「おもちつき大会」を実施した。当日は園庭に杵と臼を用意し、職員が手伝いながら、園児たちが順番に餅つきを体験した。初めて餅つきを体験した園児もおり、想像していたよりも重い杵や、粘り気のある餅に驚いていた。保育室に戻った後も餅つきの印象が強く残ったのか、園児たちは「お餅は何からできるの?」「何でお水をつけるの?」と興味深そうに職員に質問していた。

 また、同社が運営するアスク利府保育園(宮城県宮城郡)では、2021年1月5日(火)に、「新春お祝い会」を開催した。元気いっぱいの「あけましておめでとう」の挨拶で始まったお祝い会では、職員が手作りのマグネットシアターで「十二支のおはなし」を紹介した。園児たちは、知っている動物が出てくると、「今年は『うし』だよね」「僕は『ねずみ』年!」と盛り上がっていた。

 ホールで行われた餅つきでは、4、5歳児が順番に1人ずつ餅つきを体験した。自分の番が近づくと緊張している園児もいたが、つきたての餅を目の前に「お餅の良いにおいがする!」と喜ぶ様子が見られた。降園時には、職員が手作りした獅子舞と鏡餅の飾り物を見ながら、迎えに来た保護者と園児が楽しそうに会話する様子も見られ、園全体でお正月の風物詩を楽しんだ。

 JPホールディングスグループは、今後も季節の行事や文化を取り入れながら、五感を使った様々な実体験を通じて豊かな感性を高める機会を提供することで、こどもたちの思考力・創造力を育む保育を実践していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る