パイプドHDグループのパイプドビッツはローコード開発プラットフォーム「スパイラル」新版1.13.3を発表

■二段階認証やFIDO認証など、高セキュリティな会員サイトをローコードで構築可能に

パイプドHD<3919>(東1)グループのパイプドビッツは、ローコード開発プラットフォーム「スパイラル」をバージョンアップし、2021年2月25日より新バージョン1.13.3の提供を開始する。新バージョンでは、IDとパスワード以外に二段階認証やFIDO認証(パスワードなしで使えるログイン認証の仕組)などの認証技術を用いて、より強固なセキュリティの会員サイトが構築できるようになる。1月25日に新バージョン1.13.3のβ版の受付を開始する。

▼「スパイラル」1.13.3について
URL: https://www.smp.ne.jp/update/ver1133/

 「スパイラル」は、開発の柔軟性と高セキュリティを強みとし、非エンジニアの方でも業務に必要なWebアプリケーションをローコードで開発できるプラットフォーム。

 新バージョン1.13.3では、「スパイラル」ユーザーの75%以上が利用するマイページ構築機能(マイエリア)において、ボタン操作のみで二段階認証やFIDO認証を設定できる機能を追加する。これにより、不正に取得したログイン情報を使ったなりすましやリスト型攻撃による不正ログインを防止でき、高セキュリティな会員サイトをスピーディーに構築することができる。

■新機能:マイエリアのセキュリティ強化

(1)二段階認証対応をローコードで実現

 「スパイラル」で構築した会員サイトにログインする会員の方は、通常のIDとパスワードに加え、登録者端末に送信されるセキュリティコードの入力を求める「二段階認証」の使用を設定してセキュリティを強化することができる。

 「スパイラル」ユーザーは、ボタン操作のみで会員サイトに「二段階認証」を簡単に実装することが可能。通常、スクラッチ開発で2~3か月を要する開発工数を半日に抑えられ、大幅な開発工数の削減が期待できる。二段階認証の種類は、「アプリ認証」「メール認証」「SMS認証」から複数選択することができる。

(2)利便性と安全性を考慮したFIDO(Fast IDentity Online)認証対応

 「スパイラル」で構築した会員サイトへ会員の方がログインする際の認証方法にFIDO認証を追加した。指紋や顔、虹彩など、本人の身体的特徴で認証する「生体認証」に対応したデバイスやセキュリティキーなどを利用することで、パスワードレスで会員サイトにログインでき、利便性と安全性を向上する。

【「スパイラル」とは】
 「スパイラル」は、官公庁、金融、医療、不動産、教育機関など、約3500社以上(2020年2月時点)の幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模のローコード開発プラットフォーム。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理している。
URL:https://www.pi-pe.co.jp/spiral-series/spiral-suite/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る